抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とザイロリック

   

痛風や高尿酸血症といった治療に使われる飲み薬がザイロリックで、体内で尿酸が作られるのを抑える働きがあります。

尿酸が体内の中で異常に溜まり、それが結晶となって激しい関節炎を引き起こし、足の指先などに激痛が走る病気が痛風です。

痛風を患えば激しい痛みを繰り返したり、腎臓が悪くなったりという症状を引き起こし、日常生活がまともに送れなくなることもあるため、ザイロリックのような飲み薬を医師の指示に従って服用しなければなりません。

しかし、個人の体質によっては、ザイロリックの副作用が原因で抜け毛が増えることがあります。

引き起こされる副作用は個人によって大きく異なるものの、頭皮環境を悪化させて抜け毛が増える可能性は十分にあるのです。

他にも、ザイロリックには以下のような副作用のリスクがあります。

・発疹
・皮膚粘膜眼症候群
・中毒性表皮壊死症
・食欲不振
・胃部不快感
・下痢
・脱毛
・軟便
・全身倦怠感
・紅皮症
・過敏症症候群
・アナフィラキシー様症状
・汎血球減少
・肝機能障害
・血小板減少

重大な病気の引き金になる副作用も報告されており、不快な症状が引き起こされた場合はザイロリックの服用は中止しなければなりません。

恐らく、専門医が別の医薬品を処方してくれますし、身体に生じている痛風や高尿酸血症を別の形で治療していきます。

とは言え、他の医薬品と比較するとザイロリックの副作用の報告件数は少なく、尿酸合成阻害剤なので尿酸結石の可能性も低く、安全性は高いのです。

もちろん、専門医の指示を守らずに自分勝手な判断で服用していると、思わぬトラブルが引き起こされることがあります。

これはザイロリックに限らず他の医薬品にも該当する話で、用法と用量を守って服用していれば重篤な副作用は回避できるのです。

使用量は個人によって異なりますが、基本的には1日に1回ザイロリックを水や白湯で服用する形となります。

ただし、「アレルギー体質」「妊娠している可能性がある」「胃・十二指腸潰瘍を患ったことがある」という方は、あらかじめその旨を専門医に伝えておくようにしてください。

もし、ザイロリックを服用している最中に痛風の症状が悪化すれば、コルヒチン製剤やブコローム製剤など別の医薬品が医師から処方されるはずなので、その医薬品も副作用のリスクを高めないために正しい用法と用量で飲むべきです。

 - 抜け毛と関係のある薬