抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

全体的な抜け毛

   

頭皮から全体的に抜け毛が発生しているのならば、女性に多いびまん性脱毛症の可能性があります。

AGA(男性型脱毛症)が原因の抜け毛の場合、全体的に脱毛が引き起こされるというケースはほとんどありません。

AGAは男性が引き起こす病気の一つで、毛乳頭を破壊して脱毛を助長する悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が引き金となっております。

このホルモンは頭皮全体に存在しているわけではなく、頭頂部や前頭部に多いという特徴があるのです。

つまり、AGAを発症して頭頂部や生え際辺りの抜け毛が進行し薄くなったとしても、後頭部や側頭部には特に影響が見られないケースが多いのではないでしょうか。

一方で、女性のびまん性脱毛症は広範囲に渡る抜け毛が大きな特徴で、頭皮全体のボリュームが少しずつ低下していきます。

男性のように薄毛の症状が進行して地肌が見えるようなケースは少ないものの、「分け目が目立つ」「髪の毛が細くなった」「髪の毛が全体的に減った」という症状が引き起こされるのです。

抜け毛の量が一気に増えなくても、ヘアサイクルの乱れによって毛髪が上手く成長できず、髪の毛自体が細くなるからこそ全体的に薄くなったと感じるのかもしれません。

びまん性脱毛症の原因としては以下が挙げられます。

・精神的なストレスを抱え込みすぎることでホルモンバランスが乱れる
・加齢によるエストロゲンの減少で毛髪にハリやコシがなくなる
・過度のダイエットで栄養供給が損なわれ、毛母細胞の活動が弱くなる
・経口避妊薬の服用によるホルモンバランスの崩れ
・洗浄力の強いシャンプーや繰り返し行うヘアケアによるダメージ
・太陽の紫外線による頭皮や髪の毛に加わるダメージ
・食べ過ぎによる血行不良

上記のような原因でびまん性脱毛症を発症し、全体的に抜け毛が増えて髪の毛が薄くなったと感じます。

女性ホルモンの分泌量を上げれば改善されるものの、自力でのケアは難しいので育毛剤に頼るのが一番です。

育毛剤を使って頭皮環境を整え、同時に生活習慣の乱れを見直していれば少しずつ克服できるので、びまん性脱毛症を治すために当サイトでご紹介しているマイナチュレを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 
さて、全体的に抜け毛が発生する場合、びまん性脱毛症ではなく全頭型の円形脱毛症の可能性もあります。

基本的に、円形脱毛症は頭皮の一部分にコイン状の脱毛がポコっと形成される病気で、自律神経障害や自己免疫疾患、感染アレルギーや内分泌異常が大きな原因です。

しかし、円形脱毛症を放置していると個人によっては頭全体の髪の毛が抜け落ちる全頭型の円形脱毛症を患うことがあり、数ヶ所に発生した脱毛が繋がっていきます。

単発型円形脱毛症ならばストレスの解消で自然に治ることはありますが、全頭型の円形脱毛症では自然治癒が難しく、専門医の指示に従って治療を受けても完治まで数年間を費やすケースも少なくありません。

どのような症状にしても見た目的なイメージの悪化で更にストレスが溜まり、症状も悪化していくと考えられるので、早めに皮膚科を受診して円形脱毛症の治療を受けるべきです。

内服薬や外用薬、漢方薬や紫外線療法など、複数の治療からあなたの体質に合わせた方法で処置を施してくれるので、一度専門医に相談してみてください。

 - 抜け毛の特徴