抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

夜の抜け毛

   

抜け毛を少しでも減らしたいのならば、朝ではなく夜に洗髪するのがおすすめです。

「寝る前に洗髪を行っても夜の抜け毛が増えるだけなのではないか?」という疑問を抱える方はいらっしゃいます。

確かに、朝に髪の毛を洗おうが夜に洗髪しようが、特に大きな違いはないと考えるかもしれません。

しかし、朝の抜け毛というページでも説明致しましたが、朝のシャンプーにはハゲる要因が幾つかあります。

抜け毛や薄毛の症状が悪化する可能性があるので、朝シャンではなく夜の洗髪を心掛けた方が良いのです。

なぜ朝にシャンプーすると抜け毛が増える要因となるのか以下では詳しく説明しているので、是非一度確認してみてください。

 

忙しい時間帯の朝にシャンプーすることで濯ぎが雑になる

多くの方は朝は忙しい時間帯ということで、会社や学校に出掛ける前の身支度を急いで行っているのではないでしょうか。

そのため、朝にシャンプーを行うと濯ぎが雑になり、洗浄成分が肌に残される危険性があります。

慌ててゴシゴシと力を入れて擦れば頭皮や髪の毛にダメージが加わって抜け毛を増やす大きな原因となりますし、シャンプー剤の洗浄成分は頭皮にとっては無駄な存在なので、残っていれば毛穴に詰まって炎症の原因となるのです。

濯ぎ残しは十分に注意しなければならないポイントなので、ゆっくりと髪の毛を洗って濯げる夜の洗髪がベストなのはお分かり頂けるかもしれません。

 

紫外線のダメージをもろに受ける

朝にシャンプーを行うと皮脂の除去により、紫外線のダメージをもろに受けるというデメリットがあります。

頭皮には庇護膜(ひごまく)と呼ばれる頭皮を守る皮脂が存在しており、そのお陰で太陽の紫外線の刺激から守ってくれているのです。

夜に洗髪して皮脂を落としてしまったとしても、寝ている間に庇護膜(ひごまく)は少しずつ回復していきます。

しかし、朝シャンではこの庇護膜(ひごまく)の再生が追いつかず、洗髪後直ぐに太陽の光を浴びるのは危険なのです。

もちろん、外に出なければ問題はないので、休日に家の中で過ごす予定ならば朝にシャンプーしてもそこまで大きなデメリットはないでしょう。

 

髪の毛が育つ夜に毛穴の皮脂が溜まったままになる

朝にシャンプーを行って夜はお風呂に入らずに眠る方は、髪の毛が育つ夜に毛穴の皮脂が溜まったままとなり、成長が阻害されて抜け毛の量が増える原因となります。

私たちの毛髪が最も成長するのは夜の10時から深夜の2時のゴールデンタイムで、自律神経の副交感神経が優位になり成長ホルモンが分泌されるからです。

そのため、ゴールデンタイムに睡眠を取ることで抜け毛や薄毛の予防に繋がるのではないかと考えられております。

しかし、夜にシャンプーをしなければ1日の汚れが頭皮の毛穴に詰まったままとなり、髪の毛は窒息状態に陥ってしまうのです。

暑い夏場は特に皮脂や汗の分泌量が多いため、1日の終わりに綺麗にしてあげることが重要だと言えます。

だからといって、1日に2回のシャンプーは皮脂を過剰に取り過ぎる可能性があるので、当サイトでご紹介している適度な洗浄力のマイナチュレのシャンプー剤を使ってみてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 

 - 抜け毛の特徴