抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

夜更かしが原因の抜け毛

   

現代人は仕事やプライベートで忙しいケースが多く、夜更かしの日々が続いているかもしれません。

子供のように早い時間帯に眠りにつくのは少々難しいかもしれませんが、夜更かしや睡眠不足は抜け毛の原因に繋がるので注意が必要です。

夜更かしが続いて睡眠時間が5時間を切ると、髪の毛を作っている毛母細胞の細胞分裂が低下したり、頭皮の血流が悪化します。

しかも、夜更かしが続くと過剰に皮脂が分泌されるという特徴もあり、毛穴に詰まって頭皮トラブルの原因ともなるのです。

フケや痒み、かぶれといった頭皮トラブルが続けば健康的な髪の毛は生えにくくなるため、抜け毛を防ぐためにも皮脂の過剰分泌はできる限り抑えた方が良いでしょう。

もちろん、数日間に渡って夜更かしが続いていても抜け毛の原因になるわけではありませんし、見た目上での大きな変化が引き起こされることもないはずです。

しかし、私たちは寝ている間に成長ホルモンが分泌されるという特徴があり、これは食べた栄養が髪の毛や肌、内臓の成長や修復に使われるという大事な存在となっております。

その成長ホルモンの分泌量が減少すれば当然のように抜け毛の原因に繋がりますし、日中に受けた紫外線のダメージが修復されず、ツヤやコシがなくなったりと髪質も悪化していくのです。

私たちはしっかりと睡眠を取ることで身体が正常に保たれ、「体調を整える」「血液の代謝を高める」「ストレスを解消する」という働きがあります。

もし身体に何かしらの変調が来たされた場合、生命維持と大きな関係性がある脳や内臓を守ることが優先されるため、髪の毛の健康維持は後回しにされるのです。

そのため、健康体を維持するためにも、夜更かしを避けて睡眠時間をきちんと確保しなければなりません。「夜更かししていても睡眠時間をとっていれば良いのではないか?」と考える方がいらっしゃいますが、これは少し違います。

髪の毛の成長と深く関わっている成長ホルモンは、夜の22時から深夜の2時までのゴールデンタイムに分泌されやすく、この時間帯に眠ることで細胞分裂と新陳代謝を助けて健康な頭髪を作れるのです。

「睡眠時間さえ確保すれば何時に寝ても良い」というわけではないので、自分から抜け毛の原因を作らないためにもゴールデンタイムに寝られるように毎日の生活を送った方が良いでしょう。

もちろん、仕事をしている人が毎日10時にベッドや布団に入るのは難しいかもしれないので、どんなに遅くても12時までには眠りについて夜更かしを避けるべきです。

夜更かしに睡眠不足が重なれば日中に眠気を感じやすく、集中力がなくなって作業効率の低下を起こします。

仕事でケアレスミスを犯したりイライラしてストレスが溜まったりという状態にも陥るかもしれないので、私たちが快適な生活を送るために睡眠は欠かせない存在だと心得ておくべきです。

 - 女性の抜け毛の原因