抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とうつ病

   

utsubyou

「気分が落ち込みやすい」「イライラする」「自殺願望を抱く」といった症状のうつ病と抜け毛には関係性がないと考えるかもしれません。

しかし、過度の精神的なストレスによって血管が収縮したり、髪の毛の生育に欠かせない亜鉛が消費されたりという原因で抜け毛が発生します。

つまり、うつ病の患者さんはストレスが溜まっているケースが多いですし、日常生活をスムーズに送れないというイライラも加わり、抜け毛や薄毛の症状も悪化しやすいのです。

実際に、うつ病を発症してから大量の抜け毛が発生し、頭皮に円形状の脱毛が形成される円形脱毛症で悩まされている方はいらっしゃいます。

それに、うつ状態に陥れば自己免疫力の低下によってリンパ球が減少し、基礎代謝の悪化で髪の毛に必要な酸素や栄養素が行き渡りにくくなり、抜け毛の症状も酷くなるというメカニズムです。

軽い憂鬱状態ならばまだしも、うつ病を発症すれば自然とは治らないので、医師の指示に従って治療を受けていきましょう。

もちろん、抜け毛が増えて薄毛が進行し、見た目のイメージが悪くなることでストレスが溜まってうつ病の症状も悪化していくケースはあるため、うつ病の治療と同時に育毛ケアを行うのは選択肢の一つです。

当サイトでは頭皮環境を整えて丈夫な髪の毛を生やす育毛剤のマイナチュレをご紹介しているので、抜け毛が増えている女性は一度使ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 
さて、うつ病を治療するために抗うつ剤が使用されるケースが多く、うつ状態を回復させるための治療薬です。

この抗うつ剤の中には副作用の一種として抜け毛を引き起こす医薬品があるため、ある程度は心得ておかなければなりません。

特に、中枢神経系作用薬のデブロメールやジェイゾロフト、イミプラミンやメチルフェニデートといった抗うつ薬の服用により抜け毛の副作用が確認されております。

それに、飲み始めの時期は胃がムカムカしたり気分がイライラしたりといった症状が引き起こされやすく、個人の体質によって得られる作用や副作用の程度には大きな違いが生じているのです。

そのため、自分の判断でうつ病の治療を行うのではなく、担当の医師と随時相談して症状を回復できるように促していきましょう。

抗うつ剤の服用によってなぜ抜け毛が生じるかというと、「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というヘアサイクルを乱すことが大きな理由です。

抗うつ剤を服用して直ぐに髪の毛へと変化が引き起こされるわけではありませんが、医薬品の服用が長期間に渡って続けばだんだんと休止期の毛髪が増え、抜け毛が加速していきます。

とは言え、うつ病を治して正常な生活を送れるように治療をしていくのが先決なので、抜け毛といった副作用が生じるのは仕方ありません。

育毛剤や育毛シャンプーを使ってヘアケアを念入りに行っていれば抜け毛は多少は抑えられるはずなので、医師と相談して使用する製品を決めてください。

 - 病気が原因の抜け毛