抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と産毛

   

抜け毛と産毛の割合について

人間の毛髪は日本人で約10万本だと言われており、成長期の髪の毛があれば休止期に至っている髪の毛もあり、1日に平均して50本~100本は抜け落ちると考えられております。

抜け毛の発生自体は異常というわけではありませんし、健康的な頭皮や毛髪をお持ちの方でも、1日に50本程度は抜けているのです。

それに、季節によっては抜け毛が増えやすい時期がありますし、1日に150本程度抜けていたとしても自然な現象だと片付けられます。

しかし、抜け毛の中に細くて短い産毛のような髪の毛が混じっている割合が多い方は、ヘアサイクルが乱れていると考えられるので注意した方が良いかもしれません。

産毛の割合が多いということは髪の毛が成長しきる前に抜けていると仮定でき、本来であれば4年間から6年間程度続く成長期が短くなっているケースが多いのです。

栄養を多く必要としない産毛にも栄養分が行き届いていない証拠ですし、短くて細い抜け毛の発生割合が多いのならば早めに育毛ケアを行った方が良いと言えます。

今の状態を放置していればしっかりと成長せずに抜け落ちる毛髪が多くなり、産毛が太く長く成長できなければ薄毛が進行しやすいことはお分かり頂けるはずです。

多くの方は抜け毛の本数だけに焦点を当てるかもしれませんが、抜け落ちた毛髪の質にも焦点を当てた方が良いでしょう。

抜け毛の中に産毛の割合が多いという女性には、当サイトでご紹介している女性用育毛剤のマイナチュレをおすすめします。

モニター参加者のアンケートでは、「抜け毛が減った」「髪の毛が太くなった」「ボリュームが増えた」「ツヤが出てきた」という声が多数挙げられました。

髪の毛の傷みを補修し、ヘアサイクルを正常化させて太く長く育てるサポートをしてくれる製品なので、一度育毛剤のマイナチュレを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 
さて、産毛が抜け出したら育毛剤によるケアだけに頼るのではなく、栄養補給をしっかりと行うべきです。

確かに、育毛剤の使用で抜け毛を減少させ、薄毛の進行を食い止められたという方は多くいらっしゃいます。

それでも、ミノキシジルといった医薬品成分が含まれていない製品では100%確実な効果が得られるわけではありませんし、個人の体質や肌質によっては変化が生じないこともあるのです。

産毛がみるみるうちに太く長く成長して抜け毛も減るといった万能グッズではないため、生活習慣の見直しによる育毛ケアも同時に進めた方が良いかもしれません。

産毛がまとめて抜け落ちるのは産毛が生えていた部分に栄養が行き届いていないことを指しているので、毎日の食生活を見直してバランス良く栄養素を摂取できるように試みる必要があります。

私たちの髪の毛は生命維持とは何の関係もなく、心臓や肝臓といった臓器と比べるとただでさえ栄養供給されにくい部位の一つなので、身体の内側からの抜け毛対策も同時に行ってみてください。

 - 抜け毛の特徴