抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ウーマシャンプーの使い方・洗い方

   

頭皮や髪の毛に有効な成分が含まれていても、正しい使い方を実行していなければウーマシャンプーの効果を最大限に得ることはできません。

そのため、ウーマシャンプーを使ってケアを行うだけではなく、シャンプー剤の使い方や髪の毛の洗い方を見直すべきです。

1週間や2週間の使用で効果がないと諦めるのではなく、ウーマシャンプーを使って正しい洗い方を長期間に渡って実行する必要があります。

そこで、以下ではウーマシャンプーの正しい使い方をご紹介しているので、抜け毛やフケといった頭皮トラブルを抱えている方は是非一度実践してみてください。

 

予洗いを行おう

多くの方はいきなりシャンプー剤を髪の毛に付けて洗い始めているのではないでしょうか。

しかし、最初にお湯だけで髪の毛を濯ぐ予洗いが重要で、これだけで毛髪に付着した汚れやホコリを除去できます。

ウーマシャンプーを使用する際に限った話ではありませんが、髪の毛を濡らす程度ではなく1分間程度に渡ってチャプチャプとお湯を付ける洗い方を実践するべきです。

 

洗髪をしよう

予洗いを行った後は、ウーマシャンプーを使って洗髪をしていきます。

ウーマシャンプーはポンプタイプではないため、手の平に500円玉程度の大きさの液体を出し、爪を立てずに指の腹を使って洗髪していくのが正しい洗い方です。

もちろん、個人の髪の毛の長さによってウーマシャンプーの使い方は異なりますし、女性の場合は多めに手の平に出したとしても問題はありません。

「後頭部」⇒「側頭部」⇒「頭頂部」⇒「前頭部」という順番で3分間程度に渡って洗い、頭皮をマッサージしながら洗髪すると血行促進効果が大きく上がるはずです。

 

洗い流そう

髪の毛と頭皮をウーマシャンプーでしっかりと洗ったら、今度は洗浄成分が残らないようにぬるま湯を使ってしっかりと洗い流していきます。

どんなシャンプー剤にしても、濯ぎ不足では毛穴の中に界面活性剤のカスが溜まり、毛髪の成長を妨げて抜け毛の症状を悪化させるので注意が必要です。

「コレでもか!」というくらい念入りに濯ぐのがベストだと考えられており、洗った時間の倍の時間を使って洗い流しましょう。

念入りに濯いだからといって頭皮が乾燥し、潤いが奪われるという心配はありません。

 

乾かそう

お風呂場でしっかりと濯いだら、今度はタオルドライで水気をある程度取り除き、ドライヤーで乾かしていきます。

ゴシゴシと力を入れると頭皮にダメージが加わるので、髪の毛の根元を抑えるような感覚がベストです。

そして、毛髪が濡れたままの状態では細菌の繁殖に繋がるため、ドライヤーを頭皮から20cm以上離して乾かしていきましょう。
 

>>> ウーマシャンプーの詳細はこちら

 

 - ウーマシャンプー