抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ウーマシャンプーと初期脱毛

   

ウーマシャンプーを使用し始めてから初期脱毛の症状で悩んでいるという方は意外と多くいらっしゃいます。

初期脱毛とはAGA治療を始めてから1ヶ月辺りにかけて抜け毛の本数が増える状態を指し、最初のうちは髪の毛が増えるどころか逆に減ってしまうのです。

しかし、基本的に初期脱毛は医薬品を服用した際に引き起こされる症状なので、ウーマシャンプーの使用で生じることはありません。

ウーマシャンプーは副作用のない育毛シャンプーですし、頭皮環境を改善して髪の毛がしっかりと育つ土壌を作るサポートを徹底的に行ってくれます。

初期脱毛が引き起こされるのはプロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬で、その症状には個人差があるものの、1日で200本以上の髪の毛が抜け落ちるケースもあるのです。

短い人であれば1週間程度、長い人に関しては1ヶ月半程度は続くため、「このまま治療薬を服用していて問題ないのか?」という疑問を抱えるのではないでしょうか。

とは言え、AGA治療薬の初期脱毛は医薬品の副作用や何かの病気というわけではなく、ヘアサイクルの乱れが改善されている証拠なので焦る必要性はないのです。

私たちのヘアサイクルは男性でも女性でも、「髪の毛が成長する成長期」⇒「髪の毛の成長が止まる退行期」⇒「髪の毛が抜けるのを待つ休止期」という流れで進みます。

AGA治療薬を服用すると毛母細胞が元気になって毛髪の成長が始まり、3ヶ月程度の休止期の髪の毛は成長期に入り、古い毛が新しい毛に押し出されて抜けるのが初期脱毛のメカニズムです。

つまり、初期脱毛で抜けるのは何もしなくても抜け落ちる予定だった休止期の髪の毛ですし、ゆっくりと抜けるはずだったものが一度に抜けるため、「治療薬の服用で抜け毛が増えた」と感じるのかもしれません。

この初期脱毛を恐れてAGAの治療をやめると、抜け毛の抑制や薄毛の改善といった効果が得られなくなるため、一時的に抜け毛の量が増えてもそのまま治療を継続するべきです。

時間の経過によって症状は少しずつ落ち着いてきますし、クリニックの専門医からも同じような説明を受けるのではないでしょうか。

このように、医薬品を使ってAGAの治療を行うと、高確率で初期脱毛の症状が引き起こされやすくなります。

これはプロペシアやミノキシジルといった医薬品による影響なので、ウーマシャンプーで使用で生じることは基本的にないはずです。

それでも、ウーマシャンプーを使ってヘアサイクルがだんだんと整い始め、休止期に陥っていた髪の毛が一気に抜け落ちるという状態は十分に考えられます。

これは抜け毛や薄毛の症状が改善されていく良い兆候ですし、1日に100本程度の抜け毛であればシャンプーやドライヤーの際に生じるので、あまり神経質になって考えないようにしてください。
 

>>> ウーマシャンプーの詳細はこちら

 

 - ウーマシャンプー