抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ウーマシャンプーで洗顔できるの?

   

ウーマシャンプーの中には余計な化学物質が含まれていないため、シャンプー剤としてだけではなく洗顔料やボディソープとしても利用できます。

「シャンプー剤を顔に塗布してトラブルが引き起こされないのか?」という疑問を抱える方はいらっしゃるかもしれません。

しかし、洗顔料やボディソープとして使用できるという旨は、ウーマシャンプーの公式サイトでもしっかりと記載されておりました。

肌に浸透して炎症を和らげてくれるこうね馬油がウーマシャンプーの中には含まれておりますし、保湿効果を促すような植物エキスもたっぷりと配合されているため、洗顔の際に利用するのは選択肢の一つなのです。

市販で販売されている安価な洗顔料は洗浄力が強い代わりに、肌に必要な皮脂を奪い去ってしまうというデメリットがあり、汚れを効率良く落とせても乾燥によるトラブルが引き起こされるかもしれません。

頭皮にしても皮膚にしても潤いを与えて保湿を促すことは非常に大事なので、ウーマシャンプーを洗顔料として使用しても問題ないことはお分かり頂けるはずです。

実際に、ウーマシャンプーで洗顔してみると、その辺の薬局レベルではなく少し高い化粧品店で購入できるような洗顔フォームの感触を得られます。

全ての肌質の方が安心して使えるように製造しているシャンプー剤なので、日々のスキンケアとしてウーマシャンプーを利用してみてください。
 

>>> ウーマシャンプーの詳細はこちら

 

洗顔料の選び方について

以下ではニキビや吹き出物といった肌トラブルを防ぐために、洗顔料の選び方についてご説明していきます。

上記では、ウーマシャンプーが洗顔として使用できると記載されておりました。

それでも、シャンプー剤として利用するのが本来の使い方なので、無理にウーマシャンプーを使わなくても通販で販売されている製品を購入しても良いのです。

どのような選び方が正しいのかきちんと把握しておきましょう。

 

汚れをきちんと落とせるかどうか

洗顔の目的は顔に付着したメイクや汗といった汚れを落とすことなので、その汚れを落とせる成分が含まれているかどうかは重要です。

毎日の洗顔で汚れをきちんと落としていれば、肌のターンオーバーは正常に働きます。

ただし、洗顔料が肌の上に残されている状態は危険なので、しっかりとぬるま湯で洗い流さなければなりません。

汚れを落とすことにフォーカスされていれば特に問題はなく、ヒアルロン酸やセラミドといった潤い成分が含まれている洗顔料を選ぶ必要はないのです。

洗顔で肌が乾燥したとしても、その後に化粧水や美容液を使って肌を保護していれば、潤いを与えてしっとりとした状態を保てます。

 

石鹸タイプなのかフォームタイプなのかどうか

洗顔料は固形石鹸タイプやクリームタイプ、リキッドタイプといったように様々な製品が登場しております。

大きく分けると、「石鹸タイプ」と「フォームタイプ」の2種類で、肌へのダメージを考慮するのならば前者がおすすめです。

フォームタイプの洗顔料には強力な界面活性剤が使われているケースが多く、敏感肌の人が使用するとバリア機能が壊れて肌トラブルを引き起こしやすくなります。

そのため、肌に優しい成分で構成された石鹸タイプの洗顔料を選びましょう。

 - ウーマシャンプー