抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ウーマシャンプーと男性ホルモン

   

男性が引き起こす薄毛のAGAは、男性ホルモンが非常に深く関わっております。

男性ホルモンのテストステロンが酵素と結び付いてDHTと呼ばれる物質が産生され、この物質が毛乳頭を攻撃して脱毛を引き起こすため、ウーマシャンプーの使用ではAGAの根本的な改善には至らないのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は非常に活性の強い男性ホルモンで、AGAを克服したいのであればこの働きや生成を抑制するような対策が必要となります。

もちろん、ウーマシャンプーの使用で頭皮環境を整えることはできますし、頭皮が健康な状態になれば髪の毛は以前にも増して太く強く生えるはずです。

それでも、DHTの生成を阻害したり働きを弱めたりという効能は持ち合わせていないため、AGAで悩む男性はウーマシャンプーではなくプロペシアを服用してみましょう。

頭頂部や生え際の薄毛が目立ってきた際に有効な治療だと考えられているのがプロペシアで、錠剤タイプの内服薬となっております。

プロペシアを1日1錠服用することで、男性ホルモンのテストステロンをDHTに変える酵素の働きを阻害できるのです。

つまり、結果的にDHTが体内で作られにくくなるため、プロペシアの服用でAGAの根本的な対策になるのは間違いありません。

プロペシアを製造しているMSD社の臨床試験によると、1年間の服用で58%の男性が薄毛改善、40%の男性が現状維持できたという結果が出ました。

AGAの進行を防いで薄毛の症状を回復させる医薬品として非常に適しているため、日本皮膚科学会でもプロペシアを推奨しているのです。

ただし、プロペシアは女性の服用は禁じられておりますし、AGAが原因の薄毛にしか効き目がないので、ウーマシャンプーを使って頭皮環境を整えるケアをメインに行ってみてください。
 

>>> ウーマシャンプーの詳細はこちら

 
さて、抜け毛や薄毛で悩んでいる男性の中には、「自分は男性ホルモンの分泌量が多いから症状が悪化している」と考えているかもしれません。

確かに、これは完全には間違ってはいないものの、上記でも説明したように男性ホルモン自体が髪の毛に悪影響を与えるのではなく、酵素の5αリダクターゼと結び付いてDHTが生成されることが大きな要因です。

このDHTが脱毛スイッチを入れて健康な髪の毛まで抜け落ちてしまうため、男性ホルモンの分泌を抑えるような対策は行わない方が良いでしょう。

男性ホルモンのテストステロンの分泌量は年齢とともに減少していくものの、無理に医薬品などで分泌を抑えていると性欲が減退したり頭痛やめまいといった症状が引き起こされたりと、不快な症状で悩まされるリスクが高まります。

男性が生きていくに当たって欠かせない存在なので、AGAの症状を和らげたいからといって抗男性ホルモン薬の「ハイレス100」や「アルダクトン」を服用しないでください。

 - ウーマシャンプー