抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ウーマシャンプーとドライヤー

   

抜け毛や薄毛といった予防を行うために、マイルドな洗浄力で頭皮や髪の毛への負担を軽減させるウーマシャンプーの使用は実に適しております。

しかし、毎日使用するシャンプー剤の種類に気を配るだけではなく、正しいドライヤーの使い方も心得ておかなければなりません。

そもそも、ドライヤーの熱が髪の毛や頭皮に大きなダメージを与えるということで、「自然乾燥の方が良いのではないか?」と考えている方はいらっしゃいます。

確かに、ドライヤーから発せられる熱は頭皮を乾燥させたり、毛髪を保護しているキューティクルを傷めたりと様々な弊害があるのです。

それでも、髪の毛を濡らしたまま放置していると細菌やカビを増殖させる原因となりますし、そのまま眠ると枕との摩擦によってキューティクルが剥がれ落ち、潤いのないパサパサな髪の毛になります。

正しいドライヤーの使い方を実践していれば髪の毛や頭皮にはダメージが加わらないので、ウーマシャンプーを使った後は以下のような方法で乾かすようにしましょう。

・ドライヤーを頭皮に当てる時間を減らすために最初にタオルドライを行う
・ドライヤーを頭皮から20cm以上離して使用する
・ドライヤーの風が頭皮に直接当たらないように心掛ける
・熱を頭皮の一点に集中させないようにまばらに乾かす
・風速と温度ともに弱の設定で使用する
・効率良く乾かすために根元から毛先へと動かす
・最後に全体を冷風で冷やしてキューティクルを引き締める

上記のような使用方法を実践していれば、ドライヤーの使用で頭皮環境が悪化したり肌トラブルが生じたりすることはないはずです。

ウーマシャンプーを購入すると「正しい洗髪方法」という説明書が付随され、ここにもドライヤーで髪の毛を乾かすことが重要だと記載されておりました。

「ドライヤーを使わずに自然乾燥に任せた方が良い」という間違った解釈をしている方は多く、自分では良かれと思っている方法でも知らず知らずのうちにダメージを加えている可能性は十分にあります。

また、ドライヤーの当てる時間を少しでも減らすために、マイクロファイバーを使用したタオルがおすすめです。

このタオルで乾かすと水分の吸収が早く、ドライヤーの時間を短縮するとともに、ゴシゴシと力を入れなくても拭き取れるので余計な刺激を加えずに済みます。

以上のように、抜け毛を対策するにはウーマシャンプーを使用するだけではなく、ドライヤーの正しい使い方を実践しなければならないので、今まで行ってきた方法を見直してみてください。
 

>>> ウーマシャンプーの詳細はこちら

 

 - ウーマシャンプー