抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ウーマシャンプーの泡立ち

   

「ウーマシャンプーは泡立ちが悪い」という意見が出回っており、洗髪でスッキリとした感触を味わいたい方はマイナス評価だと考えるかもしれません。

しかし、ウーマシャンプーの中には泡立ちが良い成分がきちんと含まれているので、正しい使用方法を実践していれば爽快感を得ることができます。

その泡立ちを良くするための成分が以下の2つです。

 

<コカミドDEA>
ヤシ油由来の脂肪酸とDEA(ジエタノールアミン)から作られている界面活性剤がコカミドDEAで、石油系の成分ではありません。

安全性はかなり高い成分ですし、シャンプーした際の泡立ちを良くしたり安定性を高めたりするためにウーマシャンプーの中に配合されております。

泡の粘りを出す効果も持ち合わせており、植物由来の界面活性剤ということで刺激が少ないということはお分かり頂けるはずです。

 

<ココイルメチルタウリンNa>
頭皮や髪の毛への刺激が弱く、泡立ちを良くするために配合されている界面活性剤で、ヤシ油とタウリン誘導体で構成されております。

市販の高級アルコール系シャンプーではなく、ウーマシャンプーのようなアミノ酸系のシャンプー剤に含まれていることの多い成分です。

 

 

上記の2種類の成分がウーマシャンプーの中には含まれているため、泡立ちが悪いと感じる方は少ないはずです。

実際に、「ウーマシャンプーは泡立ちが悪い」と回答しているのは少数派で、多くの利用者が「泡立ちが良かった」「きめ細かな泡立ちだった」「サッパリとしていた」と回答しております。

ウーマシャンプーの使用で泡立ちが悪いと感じている人は、もしかしたら正しい使用方法を実践していないのかもしれません。

どんなシャンプー剤でも、髪の毛に濡らさずに付けて洗ったところで大量の泡が出ることはないのです。

それに、間違った方法ではウーマシャンプーの効果を最大限に活かすことはできないため、以下のような洗い方をしっかりと実践しましょう。

①最低でも1分間はお湯だけで髪の毛を濯ぐ
②500円玉程度のシャンプー剤を手の平に出す
③手の平で泡立たせてから髪の毛に付ける
④指の腹を使用して髪の毛と頭皮を優しく洗う
⑤洗浄成分が残らないようにしっかりと濯ぐ
⑥タオルドライとドライヤーできちんと乾かす

ウーマシャンプーを使う場合に限った話ではありませんが、上記のような正しい方法で髪の毛を洗い、良好な頭皮環境を維持できるように努力してみてください。
 

>>> ウーマシャンプーの詳細はこちら

 

 - ウーマシャンプー