抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

頭頂部・てっぺんの抜け毛

   

頭頂部やてっぺんの抜け毛の原因について

抜け毛や薄毛の症状が目立つ場所の一つが頭頂部や頭のてっぺんで、最も有力な原因はホルモンバランスの乱れとなっております。

男性ホルモンが原因で毛髪の脱毛や軟毛化が引き起こされやすく、頭頂部やてっぺんの抜け毛が進行して年齢を重ねるにつれて薄くなっていくのです。

男性の場合はAGA、女性の場合はびまん性脱毛症が深く関係しており、性別に関わらず抜け毛の症状は悪化していきます。

「女性でも男性ホルモンが原因で抜け毛や薄毛が引き起こされるの?」という疑問を抱える方はいらっしゃるかもしれません。

基本的に男性ホルモンが原因の薄毛は男性のAGAで引き起こされやすいものの、女性の身体の中にも男性ホルモンは存在しております。

そして、加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少し、男性ホルモンが占める割合が高くなることで頭頂部やてっぺんの薄毛に繋がりやすいというメカニズムです。

男性ホルモンには良性のテストステロンと、悪性のDHT(ジヒドロテストステロン)の2種類があり、後者が毛乳頭にダメージを与えたり皮脂の過剰分泌を促したりすることが原因で抜け毛が生じます。

テストステロンをDHTに変えるのが5αリダクターゼと呼ばれる酵素で、ストレスや喫煙によって生成されるという特徴があるため、生活習慣も深く関わっていると言えるのではないでしょうか。

頭頂部やてっぺんも血行不良が原因で抜け毛の症状が悪化するケースは少なくないため、様々な角度から対策を練っていかなければならないのです。

 

頭頂部やてっぺんの抜け毛の対策について

男性ホルモンや血行不良が原因で頭頂部やてっぺんの抜け毛の本数が増え、薄毛の症状が進行しているのであれば、その男性ホルモンを抑える対策が一番です。

上記でもご説明したように、酵素の影響で脱毛ホルモンのDHTが作られ、ヘアサイクルを乱すことで抜け毛がだんだんと増えていきます。

この状態を対策しなければ生活習慣を改善しても大きな変化は得られないため、プロペシアの服用が最適です。

男性用のAGAの治療薬として登場しているのがプロペシアで、テストステロンを悪玉男性ホルモンのDHTに変える酵素の働きを抑制してくれます。

毎日1錠を飲み続けるだけで酵素の量を減らせますし、DHTが産生されにくくなれば抜け毛の量を抑えられるので、結果的に頭頂部やてっぺんの薄毛を予防できることは間違いありません。

毛母細胞の分裂活動を抑制し髪の毛の成長を止めるような物質が作られにくくなれば、抜け毛の量を減らせるのはお分かり頂けるはずです。

しかし、プロペシアはあくまでも男性のAGAの治療薬となっており、女性は絶対に服用してはいけない決まりになっているので注意しましょう。

妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、お腹の胎児に悪影響が生じると考えられているので、女性が頭頂部やてっぺんの抜け毛を対策する場合は無添加の育毛剤の使用が適しております。

モニター参加者のアンケート結果では、約87.3%の女性がこの製品に満足しているので、是非一度マイナチュレを使用してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛の原因と場所