抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛は手遅れになるの?

   

薄毛は基本的にゆっくりと進行していくため、焦って対策を練る必要はありません。

それでも、抜け毛が増えているのにも関わらず、何も対策を練らないでいると手遅れになるかもしれないので注意が必要です。

手遅れなのかどうかは個人の症状や考え方によって大きく異なります。「頭頂部がツルツルになったら手遅れ」と考えている男性がいれば、「少しでも地肌が薄くなったら手遅れ」だと考えている女性もいらっしゃるはずです。

特に、男性が発症するAGA(Androgenetic Alopecia)は、進行するスピードは遅くても確実に抜け毛は年齢とともに増え、「まだ大丈夫」と油断していると手遅れになるので注意した方が良いでしょう。

毛根に存在する毛母細胞によって私たちの髪の毛は作られており、その細胞分裂の回数は無限ではなく50回が限度となっております。

1回のヘアサイクルは通常は2年間から6年間程度だと言われているため、計算上は死ぬまで毛母細胞の細胞分裂は行われるはずです。

しかし、AGAを発症している男性はヘアサイクルが極端に短くなっており、限度を超えれば抜け毛が発生するどころか新しい髪の毛が毛根で作られなくなります。

だからこそ、AGAによる薄毛は手遅れになる前に、早めに対策を練らなければならないと考えられているのかもしれません。

それに、抜け毛や薄毛の対策は、若ければ若いほど得られる効果が高くなるという特徴があります。

海外の臨床データではAGA治療薬のプロペシアの効果は、50歳から60歳の男性と、40歳から50歳の男性とでは有効性が違ったという結果が出ました。

抜け毛が増えたからといって早急に医薬品を使用しなければならないわけではありませんが、素早い行動が後々の頭髪の明暗を分けます。

一度AGAを発症すれば自然と回復することはなく、年齢を重ねるにつれて進行するのはどんな体質や肌質の男性でも一緒なので、手遅れになる前に何かしらの対策を練るべきです。

女性の場合は男性とは異なり、抜け毛や薄毛の症状が一気に進行して頭頂部がツルツルになったり生え際が後退しておでこが広がったりという状態にはならないでしょう。

それでも、女性が引き起こしやすいびまん性脱毛症や分晩性脱毛症を放置していると、抜け毛が増えて頭皮のボリュームはなくなって美容に大ダメージが加わります。

見た目の印象において髪の毛の量は想像以上に大事で、若々しい状態を維持するポイントなのです。

頭皮環境を整えたりヘアサイクルの異常を改善したりするのが抜け毛対策には欠かせないので、髪の毛の悩みが喜びに変わる無添加育毛剤のマイナチュレを一度使ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛に関するFAQ