抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

低血圧は抜け毛の原因となり得る?

   

低血圧の典型的な症状とは?

低血圧の典型的な症状とは?
低血圧とは、WHO(世界保健機構)で収縮期血圧が100以下、拡張期血圧が60以下と定められています。

  • 収縮期血圧⇒血液が押し出されて収縮する時
  • 拡張期血圧⇒心臓が拡張して圧力が低くなる時

このような違いがあり、血圧の高低は心臓や全身の血管の機能を示す重要な指標となるのです。

上記の数値に当てはまるからといって、「病気の兆候」「直ぐに治療を受けるべき」というわけではありません。

しかし、正常な数値ではないからこそ他の人とは異なる症状で悩まされやすく、代表的なものを幾つか見ていきましょう。

  • 頭痛が酷くなる
  • 肩こりが慢性化する
  • ふらふらと立ちくらみする
  • 朝に起きることができない
  • 寝付きが悪く不眠状態に陥る
  • 吐き気や胸やけを感じる
  • 胃がもたれる
  • 手足が冷える
  • 脱力感や倦怠感で悩まされる

上記のようにありとあらゆる症状が考えられ、自律神経失調症や軽度のうつ病と似ています。

高血圧と比べると命の危険に関わるケースは少ないものの、若い女性に多いのが特徴です。

 

低血圧は抜け毛の原因となり得るの?

高血圧で悩んでいる中高年や更年期の方は、「低血圧の人が羨ましい」と考えます。

しかし、低血圧は抜け毛の大きな原因だと言われており、血圧と髪の毛の関係性について以下では簡単にまとめてみました。

  1. 血圧は血液が動脈へと流れる際に血管を壁を押す圧力を指す
  2. 低血圧の人はどうしても心臓から血液を送り出す力が弱くなる
  3. 自然と各臓器に送られる血液の量が減少する
  4. 髪の毛を作る毛母細胞へと血液が行き渡りにくくなる
  5. 栄養素も同時に運ばれにくくなるので満足に成長できない
  6. 直ぐに抜け落ちる弱い髪の毛ばかりになって抜け毛の本数が増える

このようなメカニズムになっており、低血圧を放置していると細くて弱い髪の毛が増えて次第に薄毛の症状が進行していくのです。

血流が悪くなれば皮膚の血行不良にも陥りやすく、頭皮が硬くなって健康的な土壌を維持できないのも抜け毛の発生の原因だと考えられます。

 

低血圧による抜け毛や薄毛の正しい対策方法は?

以下では、低血圧による抜け毛や薄毛の正しい対策方法についてまとめてみました。

  • 立ちくらみやめまいで悩まされる
  • 寝起きはいつもグッタリとしている
  • 目覚まし時計をかけているのに朝起きられない
  • 体温調節機能が乱れて冷え性が悪化している

これらに該当する女性は低血圧の可能性が高く、既にびまん性脱毛症やひこう性脱毛症を発症していると抜け毛が加速しやすいので日々の生活の中でしっかりと対策していきましょう。

 

入浴時に頭皮マッサージをする

入浴時に頭皮マッサージをする
低血圧による抜け毛は血行不良が大きな原因なので、入浴時の頭皮マッサージは実に効果的です。

  • お風呂へと入って身体を温めることで血流が促される
  • 頭皮マッサージによって頭皮の血行を直接促進できる

この2つの相乗効果によって毛母細胞へと栄養素が行き渡りやすくなり、きちんと成長できれば抜け毛や薄毛を未然に予防できます。

低血圧の女性は半身浴ではなく肩まで浸かって身体を温めた方が良く、少し熱めのお湯を湯船の中に入れるのがポイントです。

心身共にリラックス効果を促すために、ラベンダーやカモミールなどのハーブを含む入浴剤を併用するのも良いでしょう。

ただ頭皮マッサージを行っているだけでは劇的に抜け毛の症状を回復させられないので、女性用育毛剤のマイナチュレの使用がおすすめです。

  • 薄毛で悩む友人に紹介したいNo.1
  • 使ってみたい女性用育毛剤No.1
  • 育毛効果と安心感の両立No.1
  • 頭皮に安心して使用できる商品No.1

上記のように様々なリサーチでナンバーワンを獲得しており、テレビや有名雑誌でも紹介されているので低血圧の方はマイナチュレと頭皮マッサージを併用してみてください。

 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

栄養素のバランスのとれた食生活を送る

栄養素のバランスのとれた食生活を送る
低血圧と食生活には密接な関係性があり、栄養素のバランスのとれた食生活を送るのは身体の内側から抜け毛を対策する方法の一つです。

具体的にどんな点を意識すれば良いのか見ていきましょう。

  • 肉類や魚介類などに含まれているタンパク質を摂取する(動物性と植物性両方)
  • 低血圧を改善できるビタミンやミネラルを緑黄色野菜から取り入れる
  • 生姜や唐辛子、ニンニクや松の実など身体を温める食材を食べる

どれか一つの栄養素を摂取していれば低血圧が改善されていくわけではなく、全体のバランスを意識しなければなりません。

タンパク質やビタミン、ミネラルは全て髪の毛と深く関わっていて、抜け毛の対策としても一石二鳥です。

また、1日に10g~12g程度の塩分や、交感神経を刺激して血液の巡りを良くするカフェインも同時に摂取してください。

 

サプリメントを摂取する

毎日の食生活でバランス良く栄養素を補えないのであれば、サプリメントなどの健康補助食品に頼りましょう。

  • 体内では生成できない必須アミノ酸
  • ミツバチによって作られるプロポリス
  • 生活習慣病を予防するコエンザイムQ10
  • 疲労回復に繋がる高麗人参(オタネニンジン)

これらの原材料や成分が低血圧の改善に適しており、アミノ酸に関しては抜け毛対策にも必須です。

 

規則正しい生活で体内のバランスを整える

規則正しい生活で体内のバランスを整えることにより、低血圧が原因の抜け毛や薄毛は少しずつ解消されていきます。

  • 早寝早起きをして十分な睡眠を毎日とる(寝だめはNG)
  • 早朝に散歩したりシャワーを浴びたりする
  • 水中ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行う

上記の中でも睡眠は欠かせず、「睡眠時間が足りていない」「就寝時間が不規則」「夜更かししている」といった方は自律神経の働きが鈍りやすいのです。

交感神経と副交感神経のバランスがとれていないと低血圧は悪化しやすく、同時に抜け毛を助長する結果となるので注意しなければなりません。

カフェインは血液の巡りを良くしてくれますが、寝る前に摂取すると脳が活性化して快眠が阻害されやすく、コーヒーや紅茶の飲みすぎには気をつけてください。

 - 女性の抜け毛の原因