抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

食べ物が原因の抜け毛

   

nikurui

髪の毛に良い食べ物を食べていたとしても、抜け毛の原因となる食べ物を摂取していては意味がありません。

抜け毛や薄毛の原因を作るような食べ物はあり、以下が挙げられます。
 
 

・塩分を多く含む食べ物
・肉類中心の食べ物
・動物性脂肪を多く含む食べ物
・糖分が多い食べ物
・刺激性の強い食べ物

これらの食べ物を食べたからといって確実に抜け毛の原因になるわけではありませんが、頭皮環境を悪化させる原因にはなります。

塩分を過剰摂取していると腎機能の低下を招いて血流が悪化して頭皮に栄養素が送られにくくなり、肉類やチーズといった動物性脂肪の多い食べ物は皮脂の過剰分泌によって頭皮環境を悪化させるのです。

糖分の多い食べ物や香辛料を中心とする刺激物も肉類と同じように皮脂の分泌が促されやすく、毛穴の中に詰まれば抜け毛を引き起こす原因となります。

このように、普段から摂取している食べ物が原因で抜け毛が増えやすくなることは十分にありますし、食生活が乱れている人ほど一度見直してみた方が良いのではないでしょうか。

動物性脂肪を含む食品が好物だからといって食べ過ぎていると栄養バランスが崩れますし、健康にも良くないので野菜や果物といった食べ物も適度に食べる必要があります。

アメリカで実施された研究では、塩分の摂取量を制限しただけで抜け毛の数が減ったという報告があるため、決して無関係というわけではないのです。

もし、毎日の食事で栄養素のバランスが取れていないと感じているのならば、少しでも抜け毛を減らすために、当サイトでご紹介しているマイナチュレのサプリメントを摂取してみてください。
 

>>> マイナチュレのサプリメントの詳細はこちら

 
さて、近年では男性でも女性でも、インスタント食品を食べる機会が多くなりました。

お腹が減った時に気軽に食べることができて便利ですし、現代人の食事にインスタント食品は欠かせないと言っても過言ではありません。

インスタント食品を食べること自体は悪くないものの、あまりにも食べ過ぎていると髪の毛の成長に欠かせない栄養素が減って抜け毛の原因に繋がります。

私たちの髪の毛への栄養供給は一番最後に行われるという特徴があるため、栄養不足による影響を受けやすいと頭に入れておくべきです。

また、「夜寝る前に食べ物を食べる」「食べ過ぎる」という食べ方にも注意が必要となります。

人が眠りにつく時間帯の夜の10時から深夜の2時のゴールデンタイムには髪の毛を成長させる成長ホルモンが分泌されるのですが、この時間帯にお腹の中に食べ物が入っていると血液が胃に集中して血流が悪くなるのです。

食べ過ぎも血流悪化によって頭皮に行き渡る栄養素が不足するので、何事も程ほどを心掛けるようにしてください。

 - 女性の抜け毛の原因