抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とステロイド

   

ステロイドによる頭皮の抜け毛について

アトピー性皮膚炎といった皮膚炎の治療に使われている医薬品がステロイドで、体内の炎症を抑えたり免疫力を抑制したりといった効果が得られます。

医師の指示に従って使用するのならばまだしも、誤った使い方を長期間に渡って続けていると頭皮の抜け毛が発生しやすいので注意しなければなりません。

ステロイドホルモンは体内でも生成されておりますが、治療として用いることで体内での生成が抑えられ、ホルモンバランスが崩れることによって全身に悪影響が及びます。

その悪影響の一つが頭皮の抜け毛で、安易に使用してはいけない医薬品なのです。

抜け毛以外の副作用としては以下が挙げられます。

・感染症
・うつ病
・皮膚の赤み
・ムーンフェイス
・緑内障
・むくみ
・生理不順
・肥満
・イライラ
・吐き気
・嘔吐
・消化不良
・食欲不振

上記のように、ステロイド剤は様々な副作用が引き起こされるというリスクがあり、皮膚炎の治療として用いる場合は専門医の指示に従わなければならないことがお分かり頂けるはずです。

それに、ステロイドの服用をやめたことで生じるステロイドリバウンドと呼ばれる症状で悩まされる方もおり、扱いにくい医薬品なのではないでしょうか。

内服薬なのか外用薬なのかによって引き起こされる副作用は異なるものの、抜け毛の症状を悪化させないためにも正しい使い方を把握する必要があります。

また、ステロイドは高い抗炎症作用や免疫抑制作用を持ち合わせているということで、薄毛や抜け毛の対策として用いられるケースも多々あるのです。

確かに、アトピーやアレルギーの薬というイメージがあるかもしれません。

しかし、育毛剤を使用したりシャンプー剤を変えたりという抜け毛対策よりも即効性がありますし、脂漏性皮膚炎によって抜け毛が発生している方などに効き目があります。

抜け毛や薄毛の治療として使用する場合も当然のように副作用のリスクがあり、長期間に渡る使用で皮膚が赤くなったり黒ずんだりという症状に悩まされやすいのです。

しかも、ステロイド剤の使用を急にやめると、逆に抜け毛が再発して薄毛の症状が悪化しやすいとも考えられているので、ステロイドを使った治療を行う場合は、医師の指導や定期的な検査によって対処しましょう。

とは言え、男性のAGAなのか女性のびまん性脱毛症なのかによって異なるものの、基本的には抜け毛の対策としてステロイドが使用されるケースは少ないはずです。

リスクの高い方法を取らなくても、当サイトでご紹介している育毛剤のマイナチュレで頭皮環境を整えるケアを行っていれば、少しずつ症状を和らげられるので是非一度試してみてください。

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素