抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

縮毛矯正が原因の抜け毛

   

縮毛矯正とはその人が生まれ持った縮毛を直毛へと変える施術のことを指し、薬剤と高熱のヘアアイロンを使って美容院で処置が行われます。

「くせ毛が嫌だ」「髪の毛のカールを何とかしたい」と考えている人は、美容院で縮毛矯正を行い、自分の毛髪をストレートにしているかもしれません。

自分の好みのヘアスタイルにするのは男性でも女性でも一緒ですが、縮毛矯正のやり過ぎによって抜け毛が発生する原因となるので注意が必要となります。

髪の毛の色を変えたりパーマをしたりするのはオシャレにとって欠かせないのですが、髪の毛の構造を化学の力で変えていくものなので想像以上に大きなダメージが加わるのです。

特に、縮毛矯正による薬剤を使った化学反応と、熱刺激によるダメージは大きく、髪の毛や頭皮に悪影響が加わりやすいからこそ抜け毛が発生する要因となります。

長期間に渡って縮毛矯正を続けることで高確率で将来的に薄毛に悩まされやすいと言われているので、できる限り処置の回数を減らすように心掛けた方が良いのです。

もちろん、近年では縮毛矯正の方法も進化しており、ストレートパーマやカラーリングにしても頭皮や毛髪へのダメージを最小限に抑えられるようになりました。

自宅で処置を行うのではなく、美容院で正しい知識を持った美容師さんに処置を施してもらえば、抜け毛の量が急激に増えることはないのです。

それでも、ダメージの蓄積を回避することはできないので、抜け毛を少しでも減らしたいと考えているのならば、頻度を抑えるようにしましょう。

薬剤を使用する際にキューティクルも当然のように剥がれますし、カールをストレートにするような処置の危険性は目安がつくはずです。

美容院での縮毛矯正だけではなく、メラニン色素を脱色するブリーチ、白髪染めを服務ヘアカラー、カールを髪の毛に与えるパーマもやり過ぎによって抜け毛の量が増えます。

縮毛矯正よりもダメージが少ないと言われているものの、何かしらの負担が加わっていることには違いないので、オシャレのために回数を増やしすぎるのは危険です。

「髪の毛の色を変えたい」という人はブリーチやヘアカラーではなく、ダメージを減らすために毛髪の表面をコーティングするヘアマニキュアの使用がベストかもしれません。

また、縮毛矯正を中心とする処置を行った後は髪の毛を労わってあげなければならないので、トリートメントやエッセンスの使用をおすすめします。

当サイトでご紹介している「CA101」はシャンプー剤ではなく、毛髪のダメージを和らげることに焦点を当てたトリートメントもセットになっているので、是非一度購入してみてください。
 

>>> CA101の詳細はこちら

 

 - 女性の抜け毛の原因