抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と食生活

   

乱れた食生活が原因で抜け毛が進行しやすくなるため、薄毛の予防のためにも毎日の食事には十分に配慮する必要があります。

「自分はまだ若いから食生活が乱れていても髪の毛や身体に悪影響は無い」と楽観視している方は多いかもしれません。

しかし、「仕事の帰りが遅くて外食が増えている」「肉類ばかり食べている」「飲み会での暴飲暴食が多い」「野菜や魚類を全く食べない」という食生活が続いていると、確実に抜け毛の症状は進行していきます。

偏食による栄養不足や、暴飲暴食による内臓器官の酷使が続けば、髪の毛の成長が阻害されたり血行不良が引き起こされたりして健康を乱す原因にもなるのです。

1回ごとの食事内容に過敏になる必要はないものの、抜け毛の予防を考えているのならば朝・昼・晩の3食でバランスの良い食生活を心掛けた方が良いでしょう。

髪の毛の成長を促進させたいのならばビタミンやミネラル、アミノ酸や食物繊維といった栄養素をバランス良く摂取する必要があります。

口で言うのは簡単でも実際に行動に移すのはかなり難しいのですが、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸は体内で生成されないので摂りだめができません。

つまり、「今日は野菜をたくさん食べたから、あと1週間は肉類だけでも良い」という考えは間違っており、生命活動の維持のために毎日のバランスを考慮しなければならないのです。

外食が中心の方にとっては難しいかもしれませんが、以下のような食品を平均的に食べることでビタミンやミネラル、食物繊維を摂取して抜け毛の予防に繋げられます。

緑黄色野菜:ニンジン・ほうれん草・ピーマン・モロヘイヤ・トマト
淡色野菜:キャベツ・レタス・長ネギ・白菜・たけのこ・キュウリ
海藻類:わかめ・コンブ・寒天・ひじき・のり
果物類:レモン・イチゴ・オレンジ・リンゴ・ブドウ・キウイ
キノコ類:しいたけ・しめじ・まいたけ・エリンギ・なめこ
イモ類:ジャガイモ・サツマイモ・こんにゃく

農薬の使用で栄養価が少なくなった農作物からはミネラル分が摂取しづらくなっているため、現代では余計に食生活のバランスに気を配らなければならないのです。

タンパク質は肉類の中に含まれておりますが、過剰摂取によって脂肪分が増加してメタボの原因となりますし、皮脂の過剰分泌に繋がって頭皮環境が悪化します。

そのため、牛乳や卵、大豆といった食べ物からも平均的にタンパク質を摂取するようにしましょう。

もちろん、食生活に気を配っていても直ぐに抜け毛の症状が抑えられるわけではありませんが、日頃からカロリーコントロールを行うのは健康維持として重要なのです。

バランスに注意していても、「寝る前に食べる」「暴飲暴食をする」「過度なダイエットを行う」という食生活では、健康や美容を乱す大きな原因となります。

もし、毎日の食生活で生きていくために必要な栄養素をバランス良く摂取できないのならば、当サイトでご紹介しているマイナチュレのサプリメントを利用してみてください。
 

>>> マイナチュレのサプリメントの詳細はこちら

 

 - 抜け毛の予防