抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と湿度

   

雨が降ってジメジメとしやすい季節の梅雨に抜け毛が増えたと感じている方は意外と多く、湿度が影響しているかもしれません。

梅雨のような高温多湿の気候は抜け毛が増えて薄毛の症状が進行しやすく、それは湿度が高いことで雑菌が頭皮に繁殖しやすくなるからです。

湿度が高くなることで、皮脂をエサとする皮膚常在菌といった雑菌が繁殖しやすくなることが分かりました。

元々私たちの肌に棲み付いている皮膚常在菌は、余分な皮脂を食べてバランスを保ったり、皮膚のバリア機能を形成して太陽の紫外線から守ったりという働きを担っております。

頭皮環境を良好な状態で保って抜け毛を減らしてくれるので無駄な存在というわけではありませんし、年齢や性別に関わらずほとんどの人の肌には皮膚常在菌が棲み付いているのです。

それでも、湿度が高くなってあまりにも繁殖しすぎると悪玉菌に変わり、痒みや炎症といったトラブルの引き金となって抜け毛は以前よりも増えやすくなります。

高温多湿の状況下では皮脂の分泌自体が増えやすいだけではなく、雑菌も繁殖しやすい状態となっているため、湿度の高い梅雨は普段よりも念入りにヘアケアを行わなければならないのです。

そこで、増えすぎた皮膚常在菌や皮脂を適度に洗い流すために、毎日の洗髪でベタ付きを防いで頭皮を清潔に保ちましょう。

ただし、洗浄力の強いシャンプー剤を使っていると皮脂を落としすぎて、今度は乾燥という別のトラブルによって抜け毛の量が増えるかもしれないので、当サイトでご紹介しているアミノ酸系の洗浄成分を使ったマイナチュレを試してみてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 

さて、紫外線からの刺激を防ぐために、帽子を被っているという方はいらっしゃいます。

確かに、髪の毛にとって紫外線は天敵の一つで、頭皮がダメージを受ければ当然のように抜け毛の量は増えやすいのです。

しかし、湿度の高い梅雨に帽子やヘルメットを長い時間に渡って被っていると、頭皮が蒸れて逆に環境が悪化し、抜け毛の量が増えやすくなります。

フケや痒みといったトラブルにも繋がりやすいため、「小まめに汗を拭き取る」「通気性の良い帽子を被る」「紫外線が当たらない室内では外す」という対策を行わなければなりません。

以上のように、湿度の高い季節は特に雑菌の繁殖を防ぐためにも、普段よりも念入りに頭皮を健やかに保つ生活習慣を送らなければならないのです。

また、頭皮の雑菌だけではなく、部屋の中のカビやダニを過剰繁殖させないためにも、梅雨は適度に換気して空気を入れ替えるようにしてください。

 - 女性の抜け毛の原因