抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と咳

   

抜け毛と咳には直接的な関係性はなく、基本的には同時に引き起こされることはありません。

しかし、精神的なストレスが溜まっている方は身体に様々な支障が生じるという特徴があり、抜け毛と咳の両方が引き起こされるかもしれないので注意が必要です。

特に、ストレスが引き金となって自律神経失調症という病気を患うと、思わぬトラブルが身体に生じます。

自律神経失調症は交感神経と副交感神経の自律神経のバランスが崩れる病気で、この自律神経は心臓を動かしたり汗をかいたりと、自分では意識できない機能を担っている重要な神経なのです。

精神や神経、内分泌や免疫といった機能をコントロールしており、その自律神経が乱れることで抜け毛や咳といった症状が次第に強くあらわれるようになります。

ヘアケアを丁寧に行っているのに抜け毛が増えたり、風邪を引いていないのに咳が止まらないという人は、自律神経失調症を疑った方が良いのではないでしょうか。

自律神経失調症は抜け毛や咳だけではなく、以下のような症状も身体に引き起こされるという特徴があります。

・冷え性
・心臓系の症状
・食欲不振
・めまい
・吐き気
・嘔吐
・息切れ
・ドライアイ
・のどの詰まり
・感情不安定
・集中力欠如
・不眠症
・耳鳴り
・手足のしびれ

病院で検査を行っても原因が特定できず、個人によって引き起こされる症状に違いがあるのも自律神経失調症の特徴です。

精神的なストレスによって体力が落ち、免疫力が弱まるからこそ普段では引き起こさないような不快な症状があらわれます。

もちろん、抜け毛や咳だけでは何とも言えませんが、日常生活に支障を来たす症状が複数あらわれているのならば、自律神経失調症を疑った方が良いのです。

自律神経失調症と診断されたら自力での克服は非常に難しいため、病院で適切な治療を受ける必要があります。

抗うつ剤を中心とする内服薬による薬物療法や、自己暗示で心身の安定を図る自律訓練法、リラックスする訓練を行うバイオフィードバック療法などを組み合わせて治療を行うのです。

どのような治療が自分の症状にマッチしているのか素人では判断できないので、精神科や心療内科を受診して不快な症状を少しでも和らげるようにしましょう。

ストレスが起因となって発症しやすい病気ということで、普段からリフレッシュするような対策も重要です。

「ストレスは万病の元」とも言われているので、意識的に発散して不快な症状が引き起こされないように注意してください。

 - 抜け毛と関係のある症状