抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

生理前の抜け毛の原因と対策

   

生理前の抜け毛の原因について

生理前に抜け毛が増えやすいという悩みを抱えている女性は意外と多く、なぜ髪の毛に悪影響が及ぶのか疑問を浮かべるかもしれません。

生理前の抜け毛の原因はPMS(月経前症候群)で、ホルモンバランスの崩れが引き金となって引き起こされます。

月経の2週間から1週間前程度から引き起こされるのがPMS(月経前症候群)で、「腹痛」「眠気」「頭痛」「イライラ」など、身体的な症状や精神的な症状が生じます。

生理前は髪の毛の成長をサポートするエストロゲンの分泌が減少し、もう一つの女性ホルモンのプロゲステロンが増えるのです。

このホルモンが原因で皮脂の分泌が激しくなり、頭皮の毛根に詰まりやすくなって抜け毛が増えるというメカニズムになっております。

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、妊娠が成立するような身体へと仕上げていく女性にとって欠かせないホルモンなのです。

しかし、余分な皮脂が増えやすいというのは紛れもない事実で、元々脂性肌の女性ほど抜け毛の原因に繋がりやすいのではないでしょうか。

また、PMS(月経前症候群)によって不快な身体症状が引き起こされ、ストレスが溜まるのも生理前の抜け毛の原因かもしれません。

 

生理前の抜け毛の対策について

生理前にどのような抜け毛の対策を行えば良いのか、疑問を抱えている女性は多いはずです。

特別な対策を練らなくても、時間が経過すればエストロゲンとプロゲステロンの分泌のバランスは整っていきますし、エストロゲンが増えれば抜け毛の量は減っていきます。

生理前の女性の身体は過敏になっているため、無理に育毛剤を使って対処していると肌トラブルを引き起こすかもしれません。

もちろん、何も対策をしなければ抜け毛の症状は悪化するかもしれないので、以下のような点に注意して毎日の生活を送ってみるべきです。

・ホルモンバランスを整えるイソフラボンを摂取する
・毎日のシャンプーで頭皮を清潔な状態で保つ
・バランスの良い食事を心掛ける
・寝不足に陥らないようにしっかりと睡眠を取る
・身体に支障のない範囲で適度に運動する
・ストレスを発散する

生理前の抜け毛は一時的な症状なので、あまり神経質になって考える必要はないのです。

そのため、上記のように生活習慣に気を配っていれば、抜け毛が更に増えて頭皮のボリュームが失われていくような心配はないでしょう。

抜け毛を引き起こすプロゲステロンは女性にとって天敵だと思うかもしれませんが、「高温層を維持する」「乳がんの予防を行う」「妊娠しやすい身体を作る」という大事な働きがあります。

女性の身体になくてはならない存在なので、生理前の抜け毛は致し方ない症状だと理解し、生活習慣の改善を図っていくべきです。

当サイトでご紹介している頭皮と毛髪のエイジングケアに欠かせない「CA101」は、天然の成分で構成された安全性の高いシャンプー剤なので、頭皮環境を良好な状態で保つために生理前の女性は一度使ってみてください。
 

>>> CA101の詳細はこちら

 

 - 抜け毛と年齢・性別