抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

産後の抜け毛の原因と対策

   

産後の抜け毛の原因について

女性にとって出産は人生の一大イベントで、産後は自分の赤ちゃんを育てられるという喜びと幸せな気持ちで溢れます。

しかし、産後の女性は抜け毛で悩まされやすく、ホルモンバランスの乱れが大きな原因です。

女性ホルモンはプロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、普段は2つのホルモンが上手くバランスを取っております。

妊娠中は赤ちゃんをお腹で育てるために2つの女性ホルモンの量が増えるのですが、産後は両方とも必要なくなるため、エストロゲンもプロゲステロンも減少していくのです。

その変化があまりにも急なので、女性の体質によってはホルモンバランスの乱れが原因で抜け毛といった身体的な症状が引き起こされるのではないでしょうか。

エストロゲンには髪の毛の成長を促す作用が、プロゲステロンにも育毛を維持するような働きがあるため、ホルモンの分泌の低下が産後の抜け毛の原因になることはお分かり頂けるはずです。

また、「慣れない子育てによるストレス」「子育てによる睡眠不足」「食生活の乱れ」も産後の抜け毛の原因かもしれません。

 

産後の抜け毛はいつまで?

産後の抜け毛は専門用語で、産後脱毛症や分娩脱毛症と呼ばれております。

女性にとって髪の毛が薄くなるのはショックな出来事ですし、「産後の抜け毛はいつまでなの?」という疑問を抱えるかもしれません。

私たちのヘアサイクルは年齢や性別に関わらず、「髪の毛が生える成長期」⇒「髪の毛が抜ける退行期」⇒「新しい髪の毛が生えるまでの休止期」を繰り返しております。

その期間には多少の個人差があるものの、産後の抜け毛は一時的な生理現象のようなものなので、元のヘアサイクルに戻れば毛髪の量も改善されていくのです。

「いつまで髪の毛が抜け落ちるのか?」と不安になる気持ちは分かりますが、大よそ産後6ヶ月程度、遅くても10ヶ月から1年間程度が経過すれば抜け毛はおさまっていきます。

産後の抜け毛に対してあまりにも過敏になっていると、精神的なストレスを溜め込む原因となるので十分に注意してください。

 

産後の抜け毛対策について

産後はホルモンバランスの乱れで身体全体が過敏になっているため、育毛剤を使った抜け毛対策はできる限り避けた方が良いでしょう。

どんなに安全性の高い成分が含まれている育毛剤でも、「妊娠中や産後の女性はかかりつけの医師に相談してください」と記載されているはずです。

それに、焦らなくてもホルモンバランスが整えば自然と元の状態へと戻っていくはずなので、以下のような抜け毛対策を産後の女性は練ってみてください。

・授乳中は摂取した栄養がお子さんの栄養となるので食事バランスに気を配る
・タンパク質や亜鉛、鉄分を中心的に摂取する
・赤ちゃん中心の生活になるのは仕方ないものの、できる限り睡眠不足を解消する
・ホルモンバランスを整えるイソフラボンを摂取する
・血行不良を改善するために頭皮マッサージを行う
・頭皮や髪の毛に刺激の少ないシャンプー剤を使う

 - 抜け毛と年齢・性別