抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

酒・アルコールが原因の抜け毛

   

sake

適度なお酒であれば血行促進効果とリラックス効果があるため、健康維持には最適だと考えられております。

しかし、あまりにもアルコールを過剰摂取していると健康を乱すだけではなく、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすので抜け毛の原因になるのです。

お酒が大好きで毎日のように飲んでいる方はいらっしゃいますし、アルコールの摂取で抜け毛の原因になると聞いてショックを受けるかもしれません。

なぜお酒を飲むことで髪の毛に悪影響が加わるのかというと、肝臓で分解される際にアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が作られるからです。

アセトアルデヒドを分解するにはシステインが必要で、このアミノ酸は髪の毛を成長させるためにも欠かせない存在となっております。

つまり、アルコールを過剰に摂取している人はアセトアルデヒドの分解でシステインが不足し、髪の毛を作る材料がなくなることで抜け毛の原因に繋がるというメカニズムです。

アミノ酸だけではなく亜鉛も消費しやすく、この栄養素は体内のDNAやタンパク質、糖質や脂質といった生体を構成する成分の分解や合成を担っております。

お酒の過剰摂取によって亜鉛の消費量が多くなれば、毛母細胞の分裂低下を招いてヘアサイクルが乱れやすくなりますし、味覚障害や傷の治癒の遅れといったトラブルにも繋がるので十分に注意した方が良いでしょう。

また、アルコールの処理が追いつかなくなって肝機能が弱まったり、糖分の過剰摂取によって頭皮に分泌される皮脂の量が増えたりといった要素も抜け毛の原因になると言われている所以です。

肝機能が弱まれば髪の毛を作っているタンパク質が少なくなりますし、お酒は穀物や果実を原料に作られているので、飲みすぎによって糖分の摂取量は必然的に多くなります。

以上のように、栄養バランスに悪影響を加えたり、カロリーオーバーを引き起こしたりという原因で抜け毛が生じやすいため、アルコールは適量を摂取しなければならないのです。

適量の飲酒とは一般的に20g~40g程度で、ビールならば500ml~1000ml、日本酒は1合~2合、ウイスキーはダブル1杯程度が目安となります。

医学的に実証されているわけではありませんが、適度なアルコール摂取であれば血管拡張作用やストレス緩和作用によって抜け毛や薄毛の予防に繋がるはずです。

過度のアルコール摂取によって髪の毛に悪影響が生じるだけではなく、急性アルコール中毒や肝臓病、メタボリックシンドロームといった病気を引き起こしやすくなります。

健康が乱れた状態で育毛ケアを行っても大きな効果は得られないので、お酒が大好きな人は適度な飲酒を心掛けて身体に悪影響が加わらないように注意してください。

 - 女性の抜け毛の原因