抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とロゲイン

   

ミノキシジルが含まれた代表的な育毛剤がロゲインで、バイアグラでも有名なファイザー製薬から販売されました。

医薬品の認可に厳しいアメリカのFDA(米国食品医薬品局)から正式に認可を受けており、医学的に毛髪再生効果が実証されているので、抜け毛の量が増えて薄毛が進行している男性におすすめです。

世界的に見ても知名度の高い育毛剤ということで、同じミノキシジルが含まれた育毛剤でも、リアップよりもロゲインの方が人気を得ております。

オオサカ堂のような個人輸入代理店でロゲインは販売されており、格安の価格で抜け毛や薄毛の対策が練られるからこそ人気が高いのかもしれません。

確かに、育毛シャンプーで頭皮環境を整えたり、生活習慣の見直しを行ったりという対策では、抜け毛の量を減らすことができても薄毛を根本的に改善するのは難しくなっております。

特に、薄毛の症状が進行した男性にはミノキシジルは必須なので、ロゲインを毎日の生活に馴染ませるのがベストだと言われているのです。

ただし、ロゲインの使用を始めて毛髪を増やすどころか、一時的に抜け毛の量が増えることがあります。

これは、抜け毛とポラリス抜け毛とリアップというページでも説明したように、初期脱毛が大きな原因なのです。

使い始めて数週間程度が経過し、抜け毛が増えている状態を目の当たりにすれば、どんな人でも不安に陥るのではないでしょうか。

それでも、休止期に至った毛髪が一度に抜け落ちているに過ぎませんし、初期脱毛はヘアサイクルが正常化されている証拠なので、抜け毛が増えていてもそのままロゲインを使い続けて良いのです。

とは言え、ミノキシジルは元々は高血圧で悩む患者さんのために開発された薬で、多量に使用すると低血圧になるというリスクがあります。

内服ではなく外用ならば問題はないかもしれませんが、数%の人が以下のような症状を報告しているのです。

・頭皮の痒み
・頭皮のかぶれ
・頭皮の赤み
・顔が火照る

副作用の発症率は数%なので特に意識する必要はないかもしれませんが、医薬品成分を使って抜け毛や薄毛を改善へと導いている点では一緒なので、自分の肌の状態を確かめながら対策していかなければならないのです。

初期脱毛による抜け毛の量が多かったり、あまりにも期間が長いという方は、自己判断で続けるかやめるのか決めるのではなく、AGA専門クリニックへの受診をおすすめします。

専門医ならばあなたの症状をチェックし、どのような対策を練れば良いのか指示してくれるのではないでしょうか。

 - 抜け毛と関係のある薬