抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

リリィジュは妊娠中や授乳中に使えるの?

      2016/12/01

「妊娠中や授乳中にリリィジュを使えるのか?」「リリィジュの安全性は高いのか?」という疑問を抱えている女性は多くいらっしゃいます。

確かに、妊娠中や授乳中は通常の状態とは異なり、ホルモンバランスの変化によって抜け毛が発生しやすいのです。

妊娠中や産後の悩みアンケートを女性にとったところ、体重増加の次に抜け毛の増加で悩んでいる方が多いことが分かりました。

「分け目を変えて誤魔化している」「排水溝に溜まる抜け毛の量がヤバい」「寝起きの枕元に髪の毛がたくさん付いている」と悩む女性が多く、これはホルモンバランスの乱れが大きな原因です。

妊娠すると女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌が活発になり、これは栄養分や水分を体内へと溜め込む働きがあります。

この影響で本来であれば毛髪の寿命が延びるものの、ホルモンバランスの変化でハリやコシがなくなり、細く弱い髪の毛が増えて抜け毛の量も増加するのです。

そこで、特許製法で抽出した天然成分が含まれたリリィジュは、妊娠中や授乳中でも使用できます。

女性ホルモンに悪影響を与えるような成分はリリィジュの中には含まれておりませんし、「弱酸性」「無着色」「無香料」という3つに拘った製品なので、安全性は非常に高いのです。

リリィジュの公式サイトでも、「産後の抜け毛の回復の手助けとしてリリィジュの使用をおすすめしております」と記載されておりました。

授乳の際にリリィジュの使用で赤ちゃんに悪影響が生じることは絶対にないので、育毛剤で頭皮環境の活性化を図ってみてください。

 

>>> リリィジュの詳細はこちら

 

さて、妊娠したり授乳したりする際は赤ちゃんに悪影響が引き起こされるかもしれないので、安易に薬を飲むことはできません。

頭痛薬や風邪薬といった市販薬だとしても、お腹の赤ちゃんのことを考えてかかりつけの医師に相談してから服用するのがベストです。

その点、リリィジュのような育毛剤であれば内服するわけではありませんし、頭皮に直接塗布して使用するため、悪影響が引き起こされにくいということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

リリィジュの使用で得られる効果には個人差がありますが、妊娠中や授乳中の抜け毛を少しでも減らすために、頭皮環境を少しでも改善するような対策は大事なのです。

ただし、産後の抜け毛に関しては、ホルモンバランスが安定してくれば自然と解消していきます。

無理に育毛剤の使用に頼らなくても、シャンプー剤の種類や洗髪の仕方に気を配れば良いだけなので、あまり深刻に考えすぎないようにしてください。

 - リリィジュ