抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

プロペシアによる抜け毛の対策

   

抜け毛が減る薬のプロペシアについて

抜け毛が減る薬の一つがプロペシアで、以前から男性が引き起こすAGAの対策として用いられております。

年齢が若ければ若いほど抜け毛や薄毛は深刻な悩みになりがちで、抜け落ちた髪の毛が増える度にストレスが溜まるというケースは決して少なくありません。

AGAを発症すれば時間の経過によって抜け毛の量は増えていくので、内服薬のプロペシアの処方が実に適しております。

プロペシアの中には主成分のフィナステリドが含まれており、男性ホルモンのテストステロンを悪玉のDHTに変える5αリダクターゼの働きを阻害してくれるのです。

悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が頭頂部や生え際で増えることにより、抜け毛の数が増えて薄毛が進行していきます。

この5αリダクターゼの働きを阻害するのが根本的なAGAの対策と言っても過言ではなく、そのための医薬品がプロペシアというわけです。

数々の臨床試験を実施され、数年間のプロペシアの服用で何と98%の方が抜け毛の改善と現状維持に繋がったことが分かりました。

AGAは進行性の病気ということで、現状維持して薄毛を進行させないだけでも大きな意味があるため、プロペシアで対策する男性が現在では増えているのです。

「自宅でAGAを対策したい」「自毛植毛はお金がかかるからちょっと・・・」と考えている男性には、プロペシアが最適なのではないでしょうか。

100%抜け毛が減ると言い切れるわけではありませんが、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも推奨されている方法なので、試してみる価値は十分にあるはずです。

 

抜け毛を減らすプロペシアの副作用について

抜け毛を減らすプロペシアは効果が高い代わりに、医薬品の一種なので副作用のリスクがあります。

これはプロペシアに限らず、どの治療薬にも同じように言えることなので十分に注意しなければなりません。

プロペシアの副作用としては、男性機能の低下や性欲減退、吐き気や眠気といった症状が報告されております。

恐らく、男性ホルモンに少なからず影響を与えて抜け毛を減らし、薄毛の進行をストップさせる内服薬だからこそ、男性機能の低下を引き起こすのです。

体質によっては勃起不全(ED)を引き起こしたという報告もなされており、自分勝手な判断で服用しているとそのリスクは大幅に増すはずなので、専門医の指示に従って服用を続けなければなりません。

現在では個人輸入代行業者を利用し、インターネットを通じて海外の医薬品を入手できるようになりました。

しかし、安全に抜け毛や薄毛を対策していきたいと考えているのならば、AGA専門クリニックなどを受診して医師の処方によって入手するのがベストです。

 

プロペシアで抜け毛が増えた

「プロペシアの服用で抜け毛が増えた」とショックを抱えている方がいらっしゃいます。

「なぜ抜け毛を減らす薬なのに逆に増えるのか?」と疑問を抱えるかもしれません。恐らく、これはプロペシアの副作用ではなく、初期脱毛だと考えられます。

プロペシアを服用してから1週間~2週間程度で初期脱毛を引き起こす方が多く、通常は1日に50本~100本程度の抜け毛なのに対し、医薬品を服用してから200本や300本も抜け落ちることがあるのです。

これはヘアサイクルの関係上、退行期に差し掛かっている毛髪が新しい髪の毛に生え変わるために生じる現象となっております。

つまり、毛根の内部では元気な髪の毛が着実に育っており、その毛髪に押し出されるような形で古い休止期の髪の毛が一気に抜け落ちているだけなので、副作用ではなくむしろプロペシアが効いている証拠なのです。

プロペシアの服用で抜け毛が増え続けることは基本的になく、一時的な現象なので個人差はあるものの、大よそ1ヶ月から2ヵ月後までに落ち着きます。

初期脱毛を恐れて服用をやめると、AGAの改善には至らないので、どうしても不安な方は専門医に相談してみてください。

 - 抜け毛と関係のある薬