抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とポラリス

   

抜け毛を抑えるというよりも、発毛効果を直接得るための育毛剤がポラリスで、この中にはミノキシジルが含まれております。

血管を拡張させて栄養素を行き渡りやすくし、発毛効果を高めてくれる成分がミノキシジルで、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクの評価を受けているのです。

植物性の成分が含まれた育毛剤とは異なり、アメリカのPolaris Labs社から製造されているポラリスは、多くの口コミやレビューで「効果があった」と喜びの声が上がっておりました。

それに、ポラリスシリーズは数多くの育毛剤の中でもミノキシジルの含有量が多いため、抜け毛が増えて薄毛の症状が進行している男性に効き目があります。

男性がAGAを発症すると、年齢を重ねるにつれて症状は進行し、生え際や頭頂部の薄毛が酷くなるのです。

頭皮全体のボリュームが低下する女性とは異なり、男性は地肌が透けて見えるような状態まで進行しやすいので、普通の育毛剤や育毛シャンプーでは改善が難しいかもしれません。

そんな時はミノキシジルが含まれたポラリスを使用し、抜け毛や薄毛の改善を心掛けるのがベストです。

このポラリスには幾つかの種類があるので、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

<ポラリスNR-07>
ミノキシジル5%配合で、発毛を促進するアデノシンが含まれている。

<ポラリスNR-08>
ミノキシジル7%配合で、抜け毛を防止するアゼライク酸も含有されている。

<ポラリスNR-09>
ミノキシジル15%配合で、休止期の毛根に働きかけるサイモシンb4-ポリペプチド成長因子が特徴。

<ポラリスNR-10>
ミノキシジル16%配合で、抜け毛予防のフィナステリドも含まれている。

<ポラリスNR-11>
ミノキシジル12%配合で、痒みや赤みといったトラブルを引き起こすリスクが低い。

どのポラリスシリーズにもミノキシジルが含まれているため、通販で販売されている育毛剤と比較して副作用のリスクがあります。

「肌が痒い」「肌が赤くなった」という副作用のリスクがある代わりに、抜け毛予防や薄毛改善効果が高いので使用している男性が多いのです。

上記のように、製品によってミノキシジルの配合率が異なるため、症状の進行が顕著ではない人は「ポラリスNR-07」、進行してしまった薄毛を改善したいのならば「ポラリスNR-10」、他の育毛剤で痒みなどが生じた方は「ポラリスNR-11」が良いかもしれません。

また、ミノキシジルの濃度が濃ければ濃いほど、育毛剤の使用段階で抜け毛が増加する初期脱毛で悩まされる可能性があります。

私たちには成長期⇒退行期⇒休止期というヘアサイクルがあり、育毛剤の使用によって毛母細胞が活性化し、休止期から成長期に入ることで古い毛が押し出されて一時的に抜け毛の量が増えやすくなるのです。

しかし、この初期脱毛は一時的な症状なのは間違いありませんし、ポラリスのような育毛剤を続けているうちにだんだんとおさまっていきます。

初期脱毛を恐れて使用を中止すると、本来の目的である薄毛の改善効果が得られなくなるので、正しい方法で使い続けてください。

 - 抜け毛と関係のある薬