抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とピル

   

女性が服用するピルの副作用による抜け毛について

女性が服用する経口避妊薬がピルで、女性ホルモンがこの中にはバランス良く含まれております。

ピルは避妊効果が高く、避妊具との併用によってほぼ100%に近い避妊率があると言われているものの、この医薬品の副作用によって抜け毛が増えるケースがあるので注意しなければなりません。

ピルを女性が服用していると、排卵や妊娠を司っている性腺刺激ホルモンの分泌が停止します。

その結果、脳下垂体が「体内にエストロゲンとプロゲステロンが既にあるから分泌する必要はなし」と判断し、排卵が抑えられて妊娠を防げるのです。

しかし、ピルには抗アンドロゲン作用を持ち合わせており、毛を濃くしたり増やしたりする男性ホルモンが抑えられるため、副作用によって抜け毛の量が増えやすくなります。

とは言え、髪の毛の成長や美肌を促すエストロゲンの分泌も同時に増えるため、正しい方法でピルを服用していれば実は抜け毛は引き起こされにくいのです。

では、なぜピルの副作用で抜け毛の量が増えるかと言われていると、ピルの服用をやめた後に問題が潜んでおります。

卵胞ホルモンや黄体ホルモンの含有量により、高用量ピルや中用量ピル、低用量ピルや超低用量ピルなど幾つもの種類があるものの、基本的にはどちらの女性ホルモンも薬の力で補っているのです。

今までは外から補うという形でエストロゲンを得たのにも関わらず、急にやめると身体がその変化についていけなくなって女性ホルモンのバランスが乱れ、抜け毛の量が増えやすくなるというメカニズムになっております。

エストロゲンの量の低下が原因で引き起こされている抜け毛なので、ピルの副作用だとは言えないかもしれません。

それでも、ホルモンバランスが崩れるのは事実なので、ピルの服用期間や飲み方に関する指示を医師からしっかりと聞いておく必要があります。

ピルは経口避妊薬としてだけではなく、以下のように様々な効果があるのです。

・月経周期を約28日でコントロールできる
・生理痛の症状が緩和されて出血量が減る
・女性ホルモンの増加でニキビや肌荒れの改善に繋がる
・子宮内膜症の治療やリスクの軽減に繋がる
・髪の毛の成長サイクルが長くなって寿命も長くなる
・排卵障害やガンの予防に繋がる

正しい方法で服用すれば、上記のような効果が得られるため、特にPMS(月経前症候群)で悩まされている女性に適しております。

しかし、その効果をしっかりと発揮させるためには、「1日に1錠を服用する」「同じ時間帯に服用する」「定期的に病院へと通院する」というルールを守らなければなりません。

医療機関によってはまとめてピルを処方してくれるところがあるものの、長期間に渡る服用によって肝臓に負担が加わる可能性があります。

そのため、定期的に病院へと通院して血液検査を受け、身体に異常がないかどうか確かめなければならないのです。

また、女性ならば誰でも飲んで良いというわけではなく、「妊娠中や授乳中」「35歳以上で喫煙している」「乳がんや子宮がんを患っている」「肝臓疾患がある」という人は服用できない決まりになっております。

間違った飲み方で副作用のリスクは大幅に上がるため、個人輸入代行業者ではなく病院を受診して、医師に処方してもらってください。

 - 抜け毛と関係のある薬