抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛のピーク

   

産後の抜け毛のピークはいつ頃なの?

「出産後に始まる抜け毛のピークはいつ頃なのか?」という疑問を抱えている女性は数多くいらっしゃいます。

確かに、産後は抜け毛が発生しやすく、ホルモンバランスの乱れや子育てによるストレスが大きな原因です。

妊娠中に増加していた女性ホルモンの量が通常までに減少し、髪の毛の成長に携わっているエストロゲンが減るのでゴッソリと抜け毛が発生します。

それに、ストレスは血行不良を引き起こして毛髪に行き渡る栄養素の量が減少するため、子育てでイライラしている女性ほど産後に抜け毛が生じやすいのです。

このピークには個人差があるので一概には説明できませんが、大よそ産後3ヶ月から6ヶ月程度だと考えられており、1年間程度経過すれば元の状態に戻ります。

産後の抜け毛は産後脱毛症や分娩脱毛症と呼ばれており、個人差があっても生理的な現象の一つなので神経質になる必要性はないのです。

ピークの3ヶ月から6ヶ月を過ぎた辺りから自然と抜け毛の本数は落ち着いてきますし、その間の頭皮ケアを怠っていなければ問題はありません。

むしろ、産後の抜け毛を気にするがあまりストレスが溜まっていると、いつまで経っても抜け毛の量が減らないという症状で悩まされるかもしれないので、ストレスを発散してリフレッシュを心掛けるだけで十分です。

また、出産後の女性は骨盤が歪みやすく、子宮が圧迫されて血液の循環に異常が生じ、これも抜け毛のピークと密接な関係性があります。

そこで、骨盤を正しい位置に戻すためにも、「骨盤矯正ベルトを使う」「正しい姿勢で立つ」「腰を回す」「ストレッチを行う」という対策を練ってみましょう。

ピークを過ぎれば産後の抜け毛は自然と落ち着くので、毎日の洗髪で余計な刺激を加えないように、当サイトでご紹介している無添加シャンプーのマイナチュレを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 
さて、産後の抜け毛が自然現象だと頭では理解していても、ピークの3ヶ月から6ヶ月は女性にとって辛い時期です。

そこで、育毛に必要な栄養素のタンパク質やカルシウムの摂取が効果的で、他のビタミンやミネラルもバランス良く摂取できるように毎日の食生活に気を配る必要があります。

特に、母乳で赤ちゃんを育てている女性は、食べ物から取り入れた栄養素が赤ちゃんの栄養源に繋がるため、バランスが偏っていれば赤ちゃんの成長に支障が生じやすいのはお分かり頂けるはずです。

高齢出産の場合は抜け毛の自然治癒までに長い時間がかかるかもしれないので、普段の食事に加えて育毛サプリメントを摂取するのも一つの選択肢かもしれません。

また、赤ちゃんへの授乳や夜泣きによって睡眠不足に陥り、過度のストレスが溜まることが原因で女性ホルモンの分泌量が少なくなり、抜け毛が発生している方もいらっしゃいます。

産後の抜け毛は生理的な現象でも、ストレスに影響されやすい人は回復するまでの期間が長引くかもしれませんし、円形脱毛症やびまん性脱毛症へと移行するケースもあるのです。

他の病気を予防するためにも、産後の女性は特に毎日の生活の中でストレスの発散を心掛けてください。

 - 抜け毛の特徴