抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と黄体ホルモン

   

抜け毛と密接な関係性がある女性ホルモンが黄体ホルモンで、プロゲステロンとも呼ばれております。

黄体ホルモンは排卵後から次の生理にかけて分泌され、以下のような働きを持ち合わせているのです。

・体温を上げて子宮が妊娠できるような準備をする
・子宮内膜を維持して子宮内の環境を整える
・乳腺を発達させる
・体内の水分を保持して食欲を増進させる

妊娠を助けるのが黄体ホルモンの働きで、女性にとって欠かせない存在だということがお分かり頂けるはずです。

女性の身体には卵胞ホルモンと呼ばれる別の女性ホルモンも分泌されており、産後はこれらのバランスが崩れやすいため抜け毛が増えやすくなります。

卵胞ホルモンには「女性らしい身体を作る」「美肌に近付ける」「自律神経を整える」という働きがあり、産後はこのホルモンが減って黄体ホルモンの量が増えるため、抜け毛だけではなく肌荒れも生じやすいのです。

ただし、産後脱毛症による抜け毛は黄体ホルモンが悪者というわけではありません。

むしろ、黄体ホルモンには「体毛の成長期を維持する」という働きも持ち合わせており、この女性ホルモンが増える妊娠中は体毛が抜けにくくなります。

しかし、出産を終えると女性ホルモン全体の分泌量が減少して元の状態へと戻り、黄体ホルモンの減少によって体毛を成長する力が弱くなり、一斉に髪の毛が抜け落ちるからこそ抜け毛が増えたと感じやすいのです。

本来は既に抜け落ちているはずの髪の毛がホルモンの働きによって留まり、出産後に一度に抜け落ちているように見えるだけなので、産後の脱毛はそこまで神経質になる必要はないでしょう。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランス崩れは、時間の経過によって自然とおさまっていきます。

個人差があるので一概には説明できませんが、産後から1年間程度が経過すれば抜け毛は元の状態に戻るため、頭皮や髪の毛に負担が加わらないようなヘアケアを続けるだけでも十分なのです。

産後に抜け毛の量が増加し、「薄毛がどんどん進行しているのではないか?」と不安を抱える女性は多いかもしれません。

美容と密接に関わる部分なのでこの気持ちは多いに分かるものの、産後の脱毛は新しい綺麗な毛髪に生え変わっている途中だと言えるので、神経質になる必要はないのです。

それでも、産後は育児によるストレスや寝不足によりホルモンバランスが乱れ、抜け毛や肌荒れが引き起こされやすいため、普段よりも念入りなヘアケアが必要となります。

市販のシャンプー剤には石油系の添加物が多く、頭皮や髪の毛に大きなダメージが加わるので、当サイトでご紹介している無添加シャンプーのマイナチュレを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素