抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

思い込みによる抜け毛

   

「髪の毛が薄くなっている」「抜け毛が増えている」「髪の毛が細くなっている」「頭皮全体のボリュームが減っている」という症状は、女性でも男性でも当然のように不安になります。

毛髪の量は見た目のイメージに直結しやすいため、少しでもフサフサで若々しい状態を維持したいと誰もが考えるはずです。

しかし、抜け毛や薄毛を気にしている約3割の方が思い込みだというデータが出ました。

実はハゲていないのにも関わらず、髪の毛に対して過度にマイナスイメージを持つ思い込み薄毛の男性が意外にも多く、若年層に多いことが分かったのです。

東京都新宿区の城西クリニックの調べによると、5年間で受診した13,000人のうち、何と約30%がAGAの治療の必要のない太くて健康な頭髪だったというデータが出ており、10代が62.4%、20代が41.5%と若い人の思い込みが強いという結果が出ました。

恐らく、「ちょっと髪の毛が薄くなっているんじゃない」といった友人や家族の何気ない一言が気になり、思い込みで抜け毛が増えて薄毛が進行していると不安になってしまうのではないでしょうか。

特に、10代や20代は見た目の印象を最も気にする時期ですし、友人からの何気ない一言でも真剣に考えてしまう気持ちは分かります。

抜け毛対策や薄毛改善のために用心しておくことは大事ですが、あまりにも気にし過ぎるのは悪影響で、それは「ハゲるかも」というストレスが引き金となって症状を悪化させるからです。

精神的なストレスが溜まれば自律神経のバランスが崩れて血行不良や皮脂の過剰分泌が引き起こされ、頭皮環境の悪化によって抜け毛の量は増えやすくなります。

それに加えて、外見に欠点があると思い込み、日常生活に支障を来たす身体醜形障害やうつ病といった精神疾患を抱えるケースも十分にあり得るのです。

「病は気から」ということわざのように、抜け毛や薄毛もメンタル面と非常に深い関係性があるため、あまり気にし過ぎない方が良いのではないでしょうか。

「自分はハゲている」「もう髪の毛は復活しない」と悩んだところで何の解決に至るわけでもありませんし、仮に抜け毛や薄毛が進行していたとしても対策の余地は十分にあります。

上記の思い込み薄毛の割合は男性に焦点を当てた話ですが、当然のように女性にも該当するはずです。

実際に、抜け毛が増えて薄毛が進行しているのではないかと思い込み、ストレスを抱えてうつ状態へと陥ってしまった方は少なくありません。

何も対策をしていない段階で抜け毛や薄毛が進行していたとしても、育毛剤や育毛シャンプーの使用で症状のスピードを遅くすることは十分にできます。

当サイトでは、頭皮環境を整えて発毛を目指せる育毛剤のマイナチュレをご紹介しているので、不安を抱えている方は是非一度使用してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛の特徴