抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

妊娠中の抜け毛

   

妊娠中の抜け毛の原因について

ninshinchuu

女性の身体は妊娠によって大きく変わるという特徴があり、妊娠中の抜け毛もその一つです。

個人の肌質や体質によって異なるものの、妊娠初期は生理前と同じように女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が多くなり、これが原因で皮脂の分泌が増えて抜け毛が増えやすくなります。

プロゲステロンは妊娠しやすい身体を維持するために欠かせない女性ホルモンですし、ホルモンバランスが崩れやすい妊娠中に身体に不快な症状が引き起こされるのは仕方ありません。

とは言え、本来ならば妊娠中は髪の毛の成長を促すエストロゲンの影響で、ヘアサイクルの成長期間が伸びて抜け毛が生じにくくなります。

にも関わらず、妊娠中に抜け毛の本数が増えたという女性は、恐らく栄養失調やストレスが原因です。

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを育てるために栄養分がとられ、妊婦さんの頭皮まで行き渡りにくくなります。

頭皮は身体のありとあらゆる部位の中でもただでさえ栄養供給が後回しにされるという特徴があるため、抜け毛や薄毛の悪化に繋がりやすいのです。

それに、「本当に無事に赤ちゃんが生まれるのだろうか?」「ちゃんと育ってくれるのだろうか?」という不安がストレスに変わり、抜け毛の原因を作っているケースもあるのではないでしょうか。

どちらにしても、妊娠中は身体的にも精神的にも変化が生じやすい時期だと心得ておくべきです。

 

妊娠中の抜け毛の対策について

妊娠中はホルモンバランスが髪の毛のサイクルを乱しているだけなので、抜け毛は一時的な症状となっております。

それでも減り行く髪の毛を見ているのは女性にとって辛いはずなので、日常生活で身体に負担が加わらない程度の対策を行うべきです。

そこで、妊娠中の抜け毛対策として、まずは栄養補給をしっかりと毎日の食事で行うようにしましょう。

上記でもご説明したように、妊娠中は赤ちゃんに栄養がとられてただでさえ髪の毛の成長が阻害されるため、ビタミンやミネラル、タンパク質やアミノ酸など栄養素のバランスに気を配る必要があります。

特に、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っているイソフラボンが含まれた、納豆や豆腐といった大豆製品がおすすめです。

また、ストレスの発散も抜け毛対策に繋がるので、リラックスできる時間や空間を見つけなければなりません。

妊娠中は赤ちゃんが育つのかという心配と、身体の変化による不調でストレスが溜まりやすいので、その負担を毎日の生活で上手く取り除いてあげなければならないのです。

しかし、ホルモンの作用によって抜け毛が増えているだけなので自分でコントロールするのは難しいですし、仮に抜け毛が増えても母体や赤ちゃんには何の悪影響もありません。

妊娠中の抜け毛も産後の脱毛も一定期間が経過すれば自然と元に戻るので、あまり神経質になって考えないようにしてください。

 - 抜け毛と年齢・性別