抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と寝癖

   

寝ている間についた髪の毛のクセが寝癖で、カールしたりピンと跳ねたりと個人によって引き起こされる状態には違いがあります。

どのような寝癖にしても、「だらしない」「格好悪い」というイメージがあるため、社会人ならばきちんと直してから出社するように心掛けているはずです。

しかし、あまりにも寝癖を気にしていると、自分から抜け毛の原因を作ることになるので十分に注意しなければなりません。

社会人に限らず、中学生くらいの思春期になれば男子も女子も自我に目覚めて見た目のイメージを気にするようになります。

そして、寝癖を直すためにヘアスプレーやミスト、ワックスといった整髪料を多用していると髪の毛がダメージを受け、抜け毛が発生する大きな原因になるのです。

もちろん、ヘアケア用品の使用が直接的な引き金となり、抜け毛の量が増えるということはないでしょう。

それでも、スプレーやミストの過度の使用で含まれた化学成分の影響により、頭皮や髪の毛は少なからずダメージを受けます。

整髪料を日中に使用したのにも関わらず、夜に洗髪するのを忘れてそのまま寝てしまえば毛穴の中に余計な老廃物が溜まり、成長が阻害されて抜け毛が発生しやすくなるのです。

また、朝シャンも皮脂を過剰に取り過ぎることが原因で抜け毛の原因に繋がりやすく、寝癖を取りたいからといって夜に洗髪しないのは悪影響かもしれません。

寝癖とは特に関係性はありませんが、毎日の生活の中で髪の毛や頭皮には少なからずダメージが加わっているので、その刺激から守るためにも当サイトでご紹介している無添加で安全性の高いマイナチュレのシャンプーを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 
さて、ヘアスプレーやヘアミストの使い過ぎは抜け毛の原因に繋がるので、寝癖を直すためにミネラルウォーターの使用をおすすめします。

スプレーボトルにミネラルウォーターを入れ、他のヘアケア用品を使う時と同じ要領で頭皮に吹きかけていくのです。

頭皮や髪の毛に悪影響を与えるような成分は一切含まれておりませんし、安全に毛髪をサラサラの状態にして寝癖を直すことができます。

また、うねりや跳ねている部分だけをブローするのではなく、髪の毛の根元からドライヤーで修正するのも効果的な寝癖の直し方で、最初に髪の毛を軽く濡らすのもポイントです。

正しいドライヤーの使い方を実践していれば髪の毛にダメージが加わることはありませんし、抜け毛の発生に繋がることもないでしょう。

寝癖は誰でも気になりますし、休みの日に家の中で過ごすならば特に問題はなくても、外に出掛ける際には放置できないはずです。

しかし、寝癖という言葉を忘れるくらい寝癖が付かなくなったという方は、毛髪が全体的に弱っている証拠だと言えます。

加齢や不規則な生活による影響など個人によって異なりますが、寝癖が付くのは必ずしも悪いことばかりではありません。

 - 女性の抜け毛の原因