抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

夏の抜け毛の原因

   

1年の季節の中でも夏場は抜け毛が引き起こされやすく、薄毛が進行しやすくなります。

正確に言えば夏場に抜け毛が増えるのではなく、夏場に髪の毛や頭皮にダメージを受けたことが原因で秋の初めに抜け毛が引き起こされやすいのです。

夏場の抜け毛の原因として考えられる要素を下記では説明しているので、是非一度確かめてみてください。

 

紫外線によるダメージ

夏場の抜け毛の原因として多いのが紫外線によるダメージで、肌と同じように髪の毛や頭皮も刺激を受けます。

シミやソバカスを防ぐために肌の日焼け対策を欠かさずに行っている女性でも、頭皮ケアは意外と怠っているケースが多いのではないでしょうか。

紫外線を浴びることによって老化を引き起こす活性酸素が増えたり、ヘアサイクルが乱れたりするため、日差しの強い夏場は特に抜け毛が発生しやすくなります。

キューティクルへの影響はもちろんのこと、光老化によって頭皮が硬くなり、血流の悪化も同時に引き起こされるため帽子やUVケアのスタイリング剤で日焼け対策を行うべきです。

 

頭皮の不衛生

夏場と言えば湿気や高い気温で大量に汗をかく季節で、頭皮に皮膚常在菌を中心とした雑菌が発生しやすくなります。

適度な皮膚常在菌であれば頭皮を健康な状態に維持するサポートを行っているものの、分泌された皮脂をエサにして異常繁殖すると抜け毛を中心とする様々なトラブルに繋がるのです。

発汗によって頭皮が蒸れて不衛生な状態が続けば、髪の毛の発育に悪影響が及ぶということは容易に想像できるかもしれません。

頭皮の不衛生な状態を回避するためにも、「汗をかいたら清潔なタオルで拭き取る」「1日の終わりにシャンプーで毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除く」というケアを行ってください。

 

プールや海による影響

夏場はプールや海へと出掛けて楽しむ方が多いはずです。室内プールであれば秋や冬でも楽しむことはできますが、海は夏場しか出掛けることしかできません。

その際に、プールの中に含まれている塩素剤や海水の塩分の影響で、髪の毛をそのままの状態で放置しているとパサパサの状態になります。

直ぐに洗い流せば特に問題はありませんが、塩素剤や塩分が付着したまま太陽の光を浴び続けると大きなダメージを受け、抜け毛が発生する原因となるのです。

そのため、プールや海から上がったら良く洗い流し、潤い成分が配合されたトリートメント剤でヘアケアを行いましょう。

 

冷房やクーラーによる影響

夏場は気温が高く、冷房やクーラーに頼らなければ日中は過ごせないかもしれません。

しかし、長時間に渡って冷房やクーラーの効いた部屋の中で過ごしていると、温度の低下によって頭皮が乾燥していきます。

元々乾燥肌で悩まされている方は水分の保持機能が弱く、乾燥が進んで抜け毛の原因に繋がるのです。

肌と同じように頭皮も皮膚の一種で潤いが欠かせないため、保湿成分がたっぷりと含まれたローションや美容液でケアを行いましょう。

 - 女性の抜け毛の原因