抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

女性の抜け毛は何科を受診するの?

   

酷い抜け毛で悩まされている女性の中で、「病院の何科を受診すれば良いの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

花粉症や目の病気ならば耳鼻科、風邪ならば内科、ぎっくり腰や腰痛ならば整形外科と何となく想像できるものの、抜け毛や薄毛はイマイチはっきりとしていないかもしれません。

抜け毛や薄毛の原因によって異なるものの、基本的には皮膚に引き起こされる症状ということで、何科を受診すれば分からないという女性は皮膚科へと足を運んでいれば問題はないはずです。

特に、抜け毛の増加だけではなく、頭皮の痒みやフケ、湿疹といった肌トラブルも同時に引き起こされているのならば一過性の症状だと自己判断せずに、皮膚科を受診して専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

1日に50本から100本程度の抜け毛ならば誰でも引き起こされますが、脂漏性皮膚炎といった病気が陰に隠れているのならば、ステロイド外用薬や抗真菌薬を使って治療しなければならないケースも十分にあり得ます。

ただし、皮膚科を受診すれば万事解決というわけではなく、抜け毛の原因や症状によっては以下のように最適な診療科が異なるのです。

更年期障害や生理不順、ホルモンバランスの乱れによる抜け毛⇒婦人科
強いショックや精神的なストレスによる抜け毛⇒精神科or心療内科
内臓の疾患や甲状腺機能障害による抜け毛⇒内科

上記のように、生理的な抜け毛ではなく、内臓疾患や精神的な病が陰に潜んでいることもあります。

どちらにしても、素人では正しい判断はできませんし、「育毛剤を使っていれば抜け毛が減る」という単純な話ではないので、専門医の意見を聞くために病院を受診するのは大事なのです。

女性が引き起こす抜け毛や薄毛に焦点を当てるのならば、頭皮トラブルよりも更年期障害や生理不順といった原因が考えられるため、婦人科を受診するのがベストかもしれません。

頭皮に分泌される皮脂やフケが原因の抜け毛だったとしても、婦人科を受診して専門医に相談することはできますし、今のあなたに適した対策を考えてくれます。

「受診する診療科が間違っていたらどうしよう」と心配する必要はありませんし、とりあえず医師の診察を受けてみるのは選択肢の一つです。

大きな大学病院では脱毛外来を設けているところがあり、婦人科や皮膚科で抜け毛や薄毛が解決できないのならば一度訪れてみましょう。

当サイトでは、抜け毛や薄毛で悩む女性へと適切な治療を実施している東京ビューティークリニックをご紹介しております。

「髪の毛が細くなってきた」「髪の毛にコシがなくなってきた」「抜け毛の量が増えたような気がする」「全体的にボリュームダウンしたような気がする」など、ありとあらゆる悩みでも気軽に相談できるので、東京ビューティークリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 東京ビューティークリニックの詳細はこちら

 

 - 抜け毛に関するFAQ