抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛の長さ

   

抜け毛の長さによってヘアサイクルを全うして自然と抜け落ちた髪の毛なのか、生活習慣の乱れによる影響などで抜け落ちたのかある程度判断できます。

もし、抜け毛の先端が細くなっていたり短くなっていたりという方は、頭皮環境が乱れている証拠だと考えられるのです。

抜け毛の長さは皆さんが考えている以上に重要で、短ければきちんと成長できていないと説明できます。

私たちのヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」の3段階で構成されており、その寿命は大よそ4年間から7年間です。

つまり、短い髪の毛が多ければヘアサイクルの過程で最も重要な成長期が短くなっている可能性が高く、きちんと成長できない髪の毛が増えれば当然のように薄毛は進行していきます。

本来であれば5センチメートル以上伸びるはずの毛髪が若いまま抜け落ちることはなく、抜け毛の長さが短ければ正常な状態ではないと考えた方が良いでしょう。

加齢による影響や毛根に栄養素を運ぶ機能の低下など、異常な状態は数多く考えられますし、薄毛を進行させないためにも早めに対策を練らなければならないのです。

そこで、少しでも頭皮環境を整えるために、当サイトでご紹介しているマイナチュレの育毛剤をおすすめします。

女性のために作られた無添加の育毛剤となっており、植物エキスが中心の安全性の高い製品なので、マイナチュレを使って抜け毛を対策してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 
さて、「髪の毛の長さによって抜け毛の量に違いは出るのだろうか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

確かに、ロングヘアの女性の方が短髪の男性と比べて抜け毛の数が多くなりやすいイメージはありますし、髪の毛の長さが少なからず関係しているのではないかと考えるのは不思議ではないのです。

しかし、結論から言えば髪の毛の長さは抜け毛とは全く関係性がなく、自分の好きな髪型で生活できます。

「ロングヘアが良い」「ショートヘアの方が好み」と人によって好き嫌いは分かれますし、髪型によって自分のイメージは大幅に変わるので、好きなヘアスタイルで過ごすのが一番です。

とは言え、ロングヘアの方は短い人と比較して毛根に負担がかかりますし、シャンプーの際に洗い残しやすすぎ残しが生じやすくなっております。

洗い残しが生じて頭皮に汚れが付着していれば毛穴の中に詰まり、成長が阻害されて健康的な髪の毛が作れなくなるため、髪の毛の長さと抜け毛の本数に関係性があると言われているのではないでしょうか。

他にも、ロングヘアの人は抜け落ちた髪の毛が他の毛髪と絡まって頭皮に留まり、シャンプーの際に一気に落ちるからこそ抜け毛が増えたと錯覚しやすくなっております。

きちんと手入れできないのならば髪の毛が長ければ長いほど頭皮環境が悪くなるかもしれないので、抜け毛が気になりだした人にはショートヘアがおすすめです。

 - 抜け毛の特徴