抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

マイナチュレとドライヤー

   

育毛剤のマイナチュレの効果を更に高めたいのであれば、ドライヤーを駆使しましょう。

最初に髪の毛を洗って頭皮を清潔な状態にし、その後にドライヤーを使って乾かしてマイナチュレを塗布していくのです。

毛穴の中に皮脂や汚れが詰まっていたり、頭皮が濡れたりしていると育毛剤の効果が薄くなってしまいます。

そのため、シャンプーで頭皮の汚れを取り除き、その後にタオルドライやドライヤーで髪の毛を乾かしてからマイナチュレを使うのがベストというわけです。

中には、ドライヤーの当てすぎが髪の毛に良くないということで、自然乾燥に任せているという女性はいらっしゃるかもしれません。

確かに、「髪の毛にダメージが加わるかも」と考えるのは不思議ではありませんが、正しい使い方をしていればダメージを防げます。

むしろ、お風呂から上がった後に髪の毛や頭皮が濡れたままの状態を放置していると、雑菌が繁殖しやすくなって頭皮環境は悪化しますし、血行不良によって髪の毛がしっかりと育たなくなるのです。

以上のことから、頭皮環境を良好に保って抜け毛を減らすためにも、育毛剤のマイナチュレを効果を高めるためにも、お風呂から上がった後にドライヤーを使った方が良いということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

マイナチュレに限らず、育毛剤の正しい使い方を理解し、毎日実践するようにしてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 
さて、以下ではドライヤーを使用する頻度が多い女性のために、正しい使い方について記載しております。

・髪の毛に熱風を当てる時は15cm~20cm程度は離す
・毛髪の温度が上がり過ぎないように冷風も駆使する
・同じ場所に長く当て続けないようにする
・お風呂上りは最初にタオルドライで水気を拭き取る
・乾いた場所に熱風を当てないようにする
・静電気を中和させるマイナスイオンのドライヤーを使う
・小刻みに手を動かしながら乾かす

特に、ドライヤーの使用で髪の毛の温度が上がり過ぎないように、15cm~20cm程度離すのが最も重要かもしれません。

健康でダメージのない毛髪が耐えられる温度は70℃前後だと考えられており、高温ドライヤーの温度は100℃を超えます。

髪の毛の温度が100℃を超えると変性して湾曲が起こり、次第に表面がケロイド状になってキューティクルが剥がれるため、ある程度は離して乾かさなければならないのです。

また、パサパサになる状態まで乾かすのではなく、頭皮全体の80%が乾いたらドライヤーの使用をやめてダメージを減らすように心掛けましょう。

 - マイナチュレ