抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ミノキシジルによる抜け毛の対策

   

AGAの代表的な治療薬の一つがミノキシジルで、プロペシアと同じように日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクに推奨されている医薬品となっております。

抜け毛対策というよりも薄毛対策の育毛剤としてミノキシジルは適しており、血管を拡張させて毛包に作用して発毛を直接的に促す効果があるのです。

頭に塗るタイプの外用薬と、錠剤を服用する内服薬の2種類が用意されており、一般的に外用薬よりも内服薬の方法が効き目があると考えられております。

ミノキシジルを取り入れることで血行が促され、栄養分が行き渡るようになって髪の毛が成長するからこそ、抜け毛予防や薄毛対策に繋がるというわけです。

血行促進効果だけではなく、ヘアサイクルの乱れによって小さくなった毛包を大きく成長させ、軟毛化した毛髪を太い毛に成長させるディープグロース効果も持ち合わせており、AGA治療に欠かせない存在なのは間違いありません。

日本ではリアップのようにドラッグストアでも入手できるミノキシジルが含まれた育毛剤が人気を得ており、年齢を重ねるにつれて症状が悪化していくAGAに効き目があります。

しかし、ミノキシジルを使ってから2週間から1ヶ月程度が経つと、個人の体質によっては初期脱毛が起こるので注意が必要です。

はっきりとした原因は解明されていないものの、症状が良くなっていく過程で一時的に抜け毛の量が増えるのが初期脱毛で、ミノキシジルだけではなくプロペシアにも同じことが言えます。

育毛剤を使って薄毛対策を始めたのにも関わらず、初期脱毛で抜け毛の量が5倍に増えたというケースは少なくありません。

「逆に症状が悪化していたら使う意味がないのではないか?」と不安を抱える方は多いものの、これは新しい毛髪が発毛するために古い毛が押し出されて引き起こされております。

つまり、初期脱毛で抜け落ちる髪の毛は元々休止期に移行しており、刺激を加えなくても抜け落ちる予定だったので、特に神経質になる必要はないのです。

ミノキシジルのような育毛剤を使う場合、高確率で初期脱毛のような症状があらわれますが、一時的な抜け毛が終われば発毛効果を得られるので、そのまま使い続けて症状の回復を目指せるよう努力してみてください。

 

女性はミノキシジルで抜け毛対策ができるの?

ミノキシジルは男性のAGA治療薬というイメージがあり、「女性はミノキシジルで抜け毛対策ができるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

プロペシアとは異なり、ミノキシジルは女性にとって危険な成分というわけではないので、この成分が含まれた育毛剤を使って抜け毛や薄毛の克服は十分に可能です。

ただし、ミノキシジルは医薬品なので植物性の成分が含まれた育毛剤とは大きく異なり、副作用のリスクがあるので使用の際は十分に注意しなければなりません。

それに、女性に使用できるミノキシジルの配合量は決められており、1%の育毛剤しか使用できないのです。

個人輸入代行業者では、男性のAGA対策の育毛剤として、ミノキシジルが15%含まれたポラリスといった医薬品が販売されております。

本来はAGA(男性型脱毛症)で使われる育毛剤ですし、ミノキシジルの配合量が多い育毛剤を女性が使用すると、抜け毛や薄毛の対策に繋がるどころか逆に不快な症状に悩まされるリスクが上がるのです。

それに、女性の薄毛は男性のように著しく進行するケースは少なく、医薬品成分を含まない育毛剤や育毛シャンプーの使用でも十分に改善できるのではないでしょうか。

どうしてもミノキシジルで対策したいのならば、女性の髪の毛と頭皮のことを考えた「リアップリジェンヌ」をおすすめします。

発毛成分のミノキシジルは1%しか配合されていないので安全性は高いですし、乾燥しがちな女性の頭皮を考えて「リアップリジェンヌ」には低刺激の1,3-ブチレングリコールやヒアルロン酸ナトリウムが含まれているのです。

とは言え、個人の肌質によっては合わない可能性も十分にあるので、まずは植物性成分しか含まれていない育毛剤のマイナチュレで抜け毛対策を行ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛と関係のある薬