抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と短い毛

   

抜け毛の量が増えるだけならば季節の変化による影響も考えられるので、そこまで神経質になって考える必要はありません。

しかし、抜け毛の中に短い毛が混じるようになったら、ヘアサイクルの異常の可能性が高く、何かしらの対策を行った方が良いのです。

通常の抜け毛ならばヘアサイクルのうちの成長期を全うし、太く長く育った状態で抜け落ちるという特徴があります。

その点、細くて毛先も尖った短い毛が抜け毛として落ちていると、成長期に突入した毛髪が成長段階の短い期間で抜け落ちていると考えられるのです。

女性の場合は血行不良や栄養不足による影響が考えられますが、男性の場合は発毛サイクルのうちの成長期が極端に短くなるAGAの可能性が高いと把握しておいた方が良いでしょう。

AGA(男性型脱毛症)は年齢を重ねるにつれて発症しやすく、髪の毛が成長しないまま抜け落ちるため、抜け毛の中に短い毛が混じることが多いのです。

他にも、「急激に抜け毛の本数が増えた」「毛根が歪んだ形をしている」「朝起きると異常な抜け毛で悩まされる」という方は、明らかに身体から発せられている危険信号だと捉えた方が良いかもしれません。

女性は男性のように遺伝でAGAを発症するケースはなくても、女性ホルモンの減少で男性ホルモンの割合が大きくなり、毛乳頭細胞から成長を抑えるシグナルが出て抜け毛や薄毛が進行することはあります。

抜け毛の中に短い毛が混じっていれば女性でも危険信号なので、当サイトでご紹介している育毛剤のマイナチュレの使用がおすすめです。

ヘアサイクルを大幅に変えられるような育毛剤ではありませんが、頭皮環境を良好な状態で保つサポートは行ってくれるので、是非一度マイナチュレを試してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 
さて、毎日のシャンプーのやり方が間違っていることが原因で、抜け毛の中に短い毛が混じりやすいと考えられております。

短い毛は刺激に弱く、成長した髪の毛よりも抜けやすいため、多少のダメージが加わっただけでも抜け落ちてしまうのです。

「洗浄力の強いシャンプー剤を使っている」「爪を立てて洗っている」「指の腹でゴシゴシと擦っている」という洗髪方法は避けた方が良いかもしれません。

力を入れて洗わなくても、最初のブラッシングやお湯だけの予洗いを念入りに行っていれば、頭皮や髪の毛に付着した汚れは効率良く落とすことができます。

また、濃い原液のまま頭皮にシャンプー剤を付けた場合、シリコン剤などのコーティング剤が含まれていれば根元にこびり付いて固まり、毛髪の成長が阻害されるのです。

中には安全性の高いシリコン剤はあるかもしれませんが、頭皮や毛髪に刺激を加えないことでヘアサイクルを正常に保ち短い毛を予防できるので、無添加シャンプーやアミノ酸系シャンプーを使うようにしてください。

 - 抜け毛の特徴