抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とメトグルコ

   

糖尿病の治療に用いられる血糖値を下げる薬がメトグルコで、世界中で多く使用されております。

2型糖尿病の薬物治療の第1選択薬としてメトグルコは利用されており、エネルギーとして消費される血糖の量を増やして血糖値を上げないように働きかけてくれるのです。

糖尿病の治療として効果が高い医薬品なのは間違いないものの、個人によっては抜け毛などの副作用が引き起こされることがあります。

どんな医薬品にも少なからず副作用があり、「抜け毛が増えた」「髪質が変わった」と感じている人は決して少なくありません。

とは言え、副作用全体で見ればメトグルコによる抜け毛はそこまで頻発せず、むしろ低血糖に注意しなければならないと考えられております。

医薬品の作用で血糖値が下がりすぎると、脳がエネルギー不足に陥って意識が薄れたりめまいが生じたりと、日常生活に支障が出ることもあるのです。

メトグルコを処方された際に医師から説明を受けるはずですが、低血糖を起こさないためにも1日3食しっかりと食事をとりましょう。

お腹が空いていないからといって1食抜いたり、食事の時間を遅らせたりすると、メトグルコの作用によって血糖値が下がりやすくなります。

一度低血糖を引き起こすと再発する可能性が高いと言われているので、念のためにペットシュガーやブドウ糖ゼリーを持ち歩いた方が良いかもしれません。

また、免疫力が落ちて体調不良の状態でメトグルコを服用すると低血糖が引き起こされやすく、下痢や嘔吐といった症状が続いている患者さんは危険です。

場合によっては医薬品の服用を一時的に中止した方が良いかもしれないので、詳しいことはかかりつけの医師に相談する必要があります。

糖尿病の患者さんしか服用しないメトグルコだけではなく、市販で販売されている頭痛薬や風邪薬でも、抜け毛や眠気といった副作用が引き起こされることがあるので注意しておくべきです。

とは言え、普段から頭皮環境を良好に保つケアを行っていれば、医薬品を服用していても抜け毛の発生を食い止めることはできます。

当サイトでは、頭皮環境を正常に保ちながら発毛を促す成分がたっぷりと含まれた育毛剤のマイナチュレをご紹介しているので、抜け毛や薄毛の悩みを抱えている方は一度使用してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛と関係のある薬