抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とメラトニン

   

脳内物質の一つがメラトニンで、暗くなればなるほど生成されるという特徴があり、睡眠と覚醒のサイクルを制御する重要なホルモンとなっております。

メラトニンのお陰で体温が下がり、深い眠りを誘発してくれるため、私たちの身体は夜になると自然と睡眠モードに突入できるのです。

実は、近年の研究によって眠りと関係性の深いメラトニンが抜け毛と関係していることが分かりました。

恐らく、メラトニンの生成が不十分な状態だと不眠症や睡眠不足に繋がり、髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンが分泌されにくくなるからこそ抜け毛と密接な関係性があると考えられているのかもしれません。

「寝る子は育つ」と昔から言われているのは、睡眠中に成長ホルモンが分泌されるからで、私たちの成長と密接に関わっております。

この成長ホルモンの量が減少すれば毛髪の成長が阻害されて抜け毛が発生しやすくなりますし、大人になればただでさえ分泌量が低下するため、メラトニンは重要な存在というわけです。

人間に有効だとの明確な証拠はありませんが、動物を使った実験でメラトニンの投与によって急速に毛皮が成長したことが分かりました。

メラトニンの低下によって毛包が弱まって白髪が生えやすくなったり、AGAの直接的な原因となるDHTへの対応力が低くなったりするので、少なからず髪の毛と関係しているのです。

正常な状態ならば、朝の光を浴びてセロトニンが分泌され、このホルモンが変化して生まれるメラトニンが夜間になるにつれて増えるので、夜に睡眠を取って休息するというリズムが生み出されます。

しかし、近年では夜遅くまでパソコンやスマートフォンを使っている現代人が多く、ブルーライトが目に入ることでメラトニンの分泌量が低下しやすいのです。

目の酷使によって疲れ目や眼精疲労といった症状に陥り、血行不良で抜け毛の数が増えている方も意外と多いのではないでしょうか。

そこで、メラトニンの量を増やして睡眠不足による抜け毛を引き起こさせないためにも、毎日の生活リズムを整える必要があります。

上記でも説明したように、朝起きて太陽の光を浴びることでメラトニンの分泌が抑制され、身体が活動的な状態となって覚醒し、体内時計がリセットされて夜になると自然とメラトニンの量が増えて睡眠モードに突入するのです。

そのため、昼夜逆転の生活をしているとメラトニンの分泌量が減少し、睡眠障害を患うリスクも高まるため、規則正しい生活を遅れるように努力しなければなりません。

また、適度な運動をしてメラトニンを作り出すセロトニンを増やしたり、メラトニンが含まれたサプリメントを摂取したりという方法も選択肢の一つとなっております。

青汁の原料ともなるケールや、トウモロコシといった食べ物にメラトニンは多く含まれているものの、自然に存在する食品では不眠を改善するまでには至らないようです。

そのため、抜け毛だけではなく毎日の睡眠に何かしらの不安を抱えている方は、メラトニンが配合されたサプリメントを摂取してみてください。

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素