抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

眉毛の抜け毛

   

頭皮に生えている髪の毛だけではなく、眉毛の抜け毛で悩んでいる方はいらっしゃいます。

眉毛が薄くなったり完全になくなったりすると人相がかなり変わりますし、片方だけ極端に薄くなれば顔全体のイメージは悪化するはずです。

何もせずに眉毛の抜け毛が発生するだけではなく、眉毛の下の皮膚に痒みが生じ、何気なく掻き毟った時にボロボロと抜け落ちるケースもあります。

個人の症状によって異なるので一概には説明できないものの、眉毛の抜け毛が発生している方は抜毛症(トリコチロマニア)という病気かもしれません。

自分で毛を引き抜いたり根元で折ったりしてしまう病気で、抜毛症(トリコチロマニア)は眉毛やまつ毛が対象となります。

慢性的なストレスを感じていたり欲求不満が満たされなかったりという理由で発症しやすく、以前は小さな子供に多いと考えられておりましたが、現在では成人女性も発症しやすいことが分かりました。

毛根に栄養分が行き届きにくくなって自然と抜け落ちる抜け毛症とは異なり、抜毛症(トリコチロマニア)は無意識に行っているクセなので精神的な要因が大きく絡んでいるのです。

毛抜きを使って引き抜いている人は、眉毛を抜く行為自体を楽しんでいる可能性が高いため、鏡や毛抜きを捨てたりと眉毛を抜いてしまうようなシチュエーションを自分から作らないようにしましょう。

物理的に抜くのが難しい状況は自分から作れば、眉毛の抜け毛の発生を少しでも抑えることができます。

とは言え、自分の意識だけでは回復に繋がらないケースも多々あるため、精神科や心療内科といった病院で専門医に相談するのは選択肢の一つです。

カウンセリングによってストレスを感じている要因が何なのか調べたり、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)でセロトニンを補ったりしていきます。

慢性的な不安やストレスが引き金となって引き起こされやすい病気なので、内服薬の服用による治療が最適なのです。

どちらにしても、強烈なストレスの原因を失くさなければ眉毛の抜け毛を防ぐことはできないので、自分の生活習慣も同時に見直さなければなりません。

病院を受診すれば内服薬の処方だけではなく、生活習慣に関するアドバイスも詳しく説明してくれるはずなので、セルフケアで何とかしないで専門医の力を頼るようにしてください。

 - 抜け毛の原因と場所