抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と枕カバー

   

寝起きに枕カバー(ピロケース)に大量の抜け毛が付着しており、不安になったという方は多いかもしれません。

健康的な生活を送っていたとしても、私たちは1日に50本~100本程度の髪の毛が抜けており、シャンプーやドライヤーの際に抜け落ちております。

寝ている時も枕との接触によって頭皮には何かしらのダメージが加わっているため、枕カバーに抜け毛が付着するというメカニズムです。

そのため、枕カバーに抜け毛が付着する現象自体は決して不思議な話ではありませんし、健康的な頭皮をお持ちの方でも抜け毛は発生します。

しかし、枕カバーの汚れが原因で頭皮環境が悪化し、抜け毛が発生している可能性があるので注意した方が良いでしょう。

見た目は綺麗だとしても、目には見えない汚れが枕カバーには付着しており、寝ている時に分泌された汗によって雑菌が繁殖していることもあります。

アクネ菌やブドウ球菌は目に見えない雑菌の代表格で、私たちの皮膚には20種類から30種類もの細菌が付着しているのです。

これらの皮膚常在菌は単独ならば悪さを働きませんし、誰の皮膚の上にも存在しているので神経質になる必要はありません。

それでも、汚れた枕カバーを長期間に渡って使っていれば知らず知らずの内に繁殖し、寝ている間に頭皮へと付着すれば抜け毛の原因となるため、小まめな洗濯や交換を心掛けなければならないのです。

枕カバーの清潔さを保つようになってから、寝ている時に発生する抜け毛の量が減ったと感じている方は少なからずいらっしゃいます。

育毛シャンプーや育毛剤で頭皮ケアを念入りに行っていたとしても、枕カバーが汚れていては何の意味もないのです。

寝ている時に分泌される汗は皆さんが想像している以上に多く、その汗がしみ込んだ枕カバーは確実に汚れているので、抜け毛対策として枕カバーはできる限り毎日交換しましょう。

1枚の枕カバーをずっと使い続けるのではなく、2枚から3枚程度の予備を用意しておけば毎日取り替えられるはずです。

また、通気性の悪い枕カバーを使っていると、睡眠中にかいた汗が外気へと逃げずに溜まり、頭皮がベタベタの状態になって抜け毛の量は増えます。

そのため、通気性の良い綿やメッシュ、肌触りが良いベロアなど、枕カバーの素材にも着目して抜け毛対策を行うのが良いかもしれません。

もし、枕カバーは毎日取り替えるのが面倒だと感じるのならば、枕の上に清潔なタオルを敷いて眠るのが適しております。

そのタオルを毎日交換すれば良いだけですし、枕カバーが汚れて頭皮に雑菌が付着したことによる抜け毛の発生を少しでも食い止められるはずです。

頭皮環境を整えるという意味では育毛剤の使用も最適なので、当サイトでご紹介している女性用育毛剤のマイナチュレを毎日の生活に取り入れてみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 女性の抜け毛の原因