抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

前髪の抜け毛

   

前髪の抜け毛の原因について

「前髪からおでこが見える面積が多くなった」と感じている方は、前髪の抜け毛が発生し薄毛が進行している予兆なので注意が必要となります。

前髪の抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れや栄養不足、過度の洗髪や睡眠不足など多岐に渡るのが大きな特徴です。

一つの原因ではなく複数の要因が絡まりあって抜け毛が発生し、薄毛へと誘われているケースが多いため、改善が難しいのかもしれません。

女性は基本的に前髪といった特定の部位ではなく、頭皮全体の抜け毛が進行してボリュームがなくなるという症状に悩まされやすいため、生え際の後ろから頭頂部にかけて広範囲に渡って薄毛が生じます。

その点、男性は5αリダクターゼと呼ばれる酵素による影響で男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変えられ、この物質が毛根に作用することで抜け毛が増えて薄毛が進行していくのです。

中高年以降の男性の頭皮に薄毛が引き起こされた場合、DHTが原因のAGA(男性型脱毛症)の可能性が非常に高いのではないでしょうか。

女性が引き起こす脱毛症とは大きく異なり、前髪や頭頂部といった場所の抜け毛が増えるという特徴がAGAにはあります。

 

出産や産後の前髪の抜け毛について

上記ではAGAによって前髪の抜け毛が発生し、薄毛の症状が進行しやすいと説明致しました。

しかし、女性が前髪の抜け毛で悩まされるケースも十分にあり得ますし、出産や産後によって髪の毛に変化が生じる場合もあります。

恐らく、出産や産後に前髪の抜け毛が増えて薄くなったのであれば、ホルモンバランスの乱れが大きな要因です。

髪の毛の成長と深く関わっている女性ホルモンのエストロゲンが出産や産後には減少し、健康的な毛髪を維持できなくなるため、普段よりも抜け毛が発生しやすくなります。

とは言え、出産や産後のホルモンバランスによる前髪の抜け毛はあくまでも一時的な現象ですし、時間の経過で女性ホルモンのバランスが安定してくれば症状はおさまっていくでしょう。

もちろん、過度のストレスや頭皮の血行不良によって抜け毛の症状は酷くなりやすいので、生活習慣の見直しやヘアケアは念入りに行う必要があります。

無添加の女性用育毛剤を使ってヘアケアを行うのも一つの選択肢なので、安全性の高いマイナチュレを使って頭皮環境を正常な状態で保てるように努力してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

産後の前髪の抜け毛をカバーする髪型について

産後の前髪の抜け毛をカバーするために、どのような髪型がベストなのか迷っている女性は多いかもしれません。

前髪に限らず、髪の毛が長いと薄毛が逆に目立ちやすいため、思い切ってショートヘアといったスタイルにするのが効果的です。

抜け毛の量と育児の衛生環境を同時に考慮すれば、産後は短い髪型の方が良いことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

頭頂部の高い位置でポニーテールにすれば前髪の短いピョンピョンとした毛髪が目立ちにくく、しかも可愛い印象を与えられるのでおすすめです。

 - 抜け毛の原因と場所