抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とエリテマトーデス

   

全身の臓器に原因不明の炎症が引き起こされる病気を全身性エリテマトーデス(SLE)と呼び、抜け毛の増加で悩まされる人もいらっしゃいます。

若い女性が引き起こしやすい自己免疫疾患で、免疫機能に異常が生じて抜け毛が増え、頭皮に脱毛が形成される円形脱毛症と一緒です。

生命に関わるかどうかはどの臓器に悪影響が生じるかによって大きく異なるものの、皮膚や粘膜に異常が生じるケースが多く、全身性エリテマトーデスと抜け毛には関係性があると言っても過言ではありません。

1万人に1人の割合で発病する珍しい病気なので、抜け毛の量が増えたからといって必ずしも全身性エリテマトーデスを発症しているわけではないのです。

それでも、以下のような症状があらわれている方はこの病気の疑いがあるので、早めに病院を受診して診察を受けた方が良いでしょう。

・頬に赤い発疹の蝶型紅斑が形成される
・中心の色素が抜けるディスコイド疹が見られる
・手や指に腫れや痛みが生じる
・急性期に蛋白尿が見られる
・全身倦怠感や疲労感があらわれる
・食欲不振による体重減少が見られる

全身性エリテマトーデスによって腹痛や吐き気といった症状も引き起こされていると、腸間膜の血管炎やループス腹膜炎といった合併症のリスクも上がるので注意が必要です。

今のところ、全身性エリテマトーデスの原因は完全には解明されておりません。

それでも、感染症やホルモンバランスの乱れ、紫外線や医薬品による環境因子が引き金となって免疫機能に異常が生じるのではないかと考えられております。

免疫で重要な働きを担っているのが血液中のリンパ球で、この自己抗体が自分の組織を間違えて攻撃を仕掛けるため、臓器や皮膚に炎症が生じるのです。

生活習慣が引き金となって引き起こされている抜け毛とは異なり、根本的な要因を解消しない限りは回復は困難となっております。

そのため、全身性エリテマトーデスを患ったら自己判断で対処するのではなく、病院を受診して適切な治療を受けなければならないのです。

全身性エリテマトーデスを治すために、医療機関では以下のような治療が実施されております。

・免疫抑制効果のある副腎皮質ステロイド剤(プレドニゾロン)の服用
・アザチオプリンやタクロリムスを中心とする免疫抑制剤の服用
・血栓が生じる抗リン脂質抗体症候群を合併している人に実施される抗凝固療法
・経口摂取ではなく点滴でステロイドを注入するステロイドパルス療法
・免疫複合体やリンパ球を体外へと排出する体外循環療法

どの治療が適しているのかは、専門医が個人の体質や症状を診て決める形となります。絶対に治らない難病というわけではないので、適切な対策を心掛けてください。

 - 病気が原因の抜け毛