抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とルナベル

      2016/08/21

内服薬のルナベルが原因で引き起こされる抜け毛

内服薬のルナベルが原因で引き起こされる抜け毛

内服薬や外用薬の副作用が原因で、抜け毛の症状が進行するというケースは決して少なくありません。

女性が服用する内服薬のルナベル(Lunabell)もその一つで、「服用してから抜け毛が増え始めました」という報告はありました。

これはかなりの高確率で医薬品の副作用による影響だと考えられ、ルナベル(Lunabell)の服用を中止すれば症状は次第におさまっていきます。

そもそも、ルナベル(Lunabell)は女性特有の生理を軽減させ、生理痛や頭痛、吐き気といった症状を抑える医薬品です。

月経に伴う耐え難い痛みの月経困難症で悩んでいる女性は意外と多く、生理は毎月必ずくるものなので悩みの種になりやすいのではないでしょうか。

そこでルナベル(Lunabell)を服用することにより、少量の女性ホルモンがこのお薬には配合されているため、脳下垂体に働きかけて性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられます。

その結果、卵胞の発育が抑制されて排卵が起きにくくなり、生理が軽くなって様々な痛みの軽減に繋がるというメカニズムです。

もし仮に、抜け毛の量が増えていたとしても、引き起こされている不快な症状を改善することが最も大事だと言えます。

月経困難症の放置によって日常生活に支障を来たすケースは多いですし、医師からルナベル(Lunabell)を処方されたのならば、用法と用量に従って飲み続けるべきです。

それに、SSRL(抗うつ剤)やザイロリック(尿酸値を下げる治療薬)と比較すれば、ルナベル(Lunabell)は抜け毛の副作用が引き起こされにくくなっております。

正常な状態でも1日に100本程度の抜け毛は発生しますし、これはヘアサイクルの過程に伴うもので防ぎようがありません。

「抜け毛が増えてヤバい」「薄毛が進行しているかも」とあまりにも考え込みすぎると、ストレスによって症状が悪化するかもしれないので、もっと気楽に考えた方が良いのです。

もちろん、医薬品の服用による副作用には個人差があるので、不快な症状が引き起こされたらルナベル(Lunabell)に限らず早めに専門医へと相談した方が良いでしょう。

薬の副作用による抜け毛には効き目がないものの、加齢に伴う抜け毛や薄毛ならば、当サイトでご紹介している女性用育毛剤のマイナチュレが適しております。

「育毛剤がAGAで悩む男性が使用するもの・・・」というイメージが以前にはありましたが、近年では美容効果を得るために毎日塗布してケアを行う女性の数が増えました。

育毛や頭皮環境の改善に欠かせない植物成分がたっぷりと含まれた育毛剤なので、マイナチュレを使って改善を図ってみてください。

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 - 抜け毛と関係のある薬