抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と空腹

   

空腹は身体が栄養素を欲しているため、良くない状態だと考える方が多いかもしれません。

しかし、近年の研究によって空腹は抜け毛と関係性があることが分かり、身体に良い影響を及ぼしてくれることが判明しました。

空腹であればあるほど、胃腸の知覚神経が刺激されるため、発毛効果が大きく高まり、結果的に抜け毛の対策に繋がるというメカニズムです。

空腹の状態が続くと体内でグレリンと呼ばれる物質が作られ、これは摂食行動を起こさせる働きがあります。

グレリンが作られなければ私たちはエネルギー不足に気付かず、「お腹が空いた」「食べ物を食べたい」と感じにくくなるため、生きていくためには欠かせない物質なのです。

このグレリンが放出されることで知覚神経が刺激され、発毛因子のインスリン様成長因子(IGF-1)を増やせることが分かりました。

インスリン様成長因子(IGF-1)は成長ホルモンの一種で、十分に分泌されれば毛母細胞が活性化し、抜け毛の予防に繋がって発毛が直接的に促されます。

毛母細胞の活動が弱まって成長期⇒退行期⇒休止期というヘアサイクルに乱れが生じることが原因で薄毛が引き起こされるため、インスリン様成長因子(IGF-1)を分泌させるために空腹状態を保つのは理に適っているのです。

もちろん、空腹状態を1日も2日も続けていては栄養失調で倒れるかもしれないので、無理は良くありません。

それでも、常に食事や間食でお腹がいっぱいの状態を維持しているよりも、適度な空腹状態を保っていた方が健康にも美容にも良いのです。

抜け毛を対策するには身体の外からのヘアケアも欠かせないので、当サイトでご紹介しているマイナチュレの育毛剤を併用してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 
さて、飽食の現代と言われているこの時代で、空腹状態が続くケースは少ないかもしれません。

ちょっとでもお腹が空いたらご飯を食べ、お菓子による間食が続いている女性も多くいらっしゃいます。

このような状態が続けばグレリンが放出されにくくなり、知覚神経の刺激によってインスリン様成長因子(IGF-1)を増やすことはできないため、多少はお腹を空かせてから食べた方が良いのです。

確実な抜け毛改善効果を得られるわけではないものの、成長ホルモンが頭皮や髪の毛と深く関わっているのは間違いないでしょう。

また、インスリン様成長因子(IGF-1)を中心とする成長ホルモンを分泌させるために、「十分な睡眠をとる」「適度な運動をする」という生活習慣の改善も必要です。

特に、夜の10時から深夜の2時までのゴールデンタイムに成長ホルモンは分泌されやすく、この時間に眠ることで抜け毛対策や薄毛予防に繋がります。

適度な運動も抜け毛だけではなく健康体の維持にも欠かせないため、ウォーキングやジョギングなどマイペースで身体を動かす努力をしてみてください。

 - 抜け毛と関係のある症状