抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とくせ毛

   

「くせ毛の人は抜け毛が発生しやすいのか?」「くせ毛の人はハゲやすいのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

大小のウェーブが集中する「波状毛」、小さなウェーブが多い「捻転毛」、縮れ毛が多い「縮毛」などくせ毛には幾つかの種類があり、まとまりにくい髪の毛で悩んでいる女性は多いはずです。

個人の髪質は毛根の形が関係していると考えられており、抜け毛や薄毛との因果関係ははっきりと分かっておりません。

基本的に髪質によって抜け毛や薄毛が悪化するわけではありませんし、くせ毛だからといって将来的にハゲるわけでもないのです。

しかし、抜け毛の初期症状として髪の毛の痩せ細りが挙げられ、ダメージを受けてクセがつきやすいからこそ、くせ毛と薄毛が関係しているという噂が飛び交っているのではないでしょうか。

髪質は基本的に性別に関わらず遺伝傾向が強く、直毛の両親から生まれればその子供も直毛、くせ毛の両親から生まれればその子供もくせ毛になりやすいことが分かっております。

顔の形が似るように髪質も親から受け継がれることが多く、生まれた段階で既に決まっているのです。

その点、抜け毛に関しては遺伝による影響も少なからずありますが、生活習慣の乱れや髪の毛へのダメージなど後天的な要因の方が強くなっております。

このことからも、くせ毛の人ほど抜け毛が増えて薄毛で悩まされやすいわけではありませんし、「自分はくせ毛だから将来はハゲる・・・」と落ち込まなくても良いのです。

ただし、近年の研究では間違った生活習慣を長期間に渡って送ることにより、髪質が変化しやすいということが判明しました。

食生活が乱れて摂取する栄養素の量が滞っていたり、血行不良で髪の毛への栄養供給が損なわれていたりすれば、髪の毛が痩せ細って直毛の人でも少しずつくせ毛へと変化していきます。

今まで直毛だった人が外人のようにチリチリの髪質へと変化することは絶対にありませんが、髪質が変化すれば抜け毛が増えるサインだと考えられるので、何かしらの対策を練らなければならないのです。

実際に自分の髪の毛を見たり触ったりして、「パサついている」「ハリやコシがなくなっている」「毛髪に歪みが生じている」という方は注意した方が良いかもしれません。

元々くせ毛だった人が禿げやすいわけではありませんが、髪質が変化してくせ毛になったのならば、抜け毛が増えて薄毛が進行する可能性は高いのです。

くせ毛は髪の毛が痩せ細っている証拠で、毛根に栄養が行き届いていないと考えられるため、毎日の食生活を見直してバランス良く栄養素を摂取した方が良いでしょう。

肉類ばかり食べるような食生活が続いていれば皮脂の過剰分泌に繋がり、毛穴の中に詰まって抜け毛が引き起こされやすくなります。

また、頭皮へと栄養分を供給するために、育毛成分や植物エキスが含まれた育毛剤の使用も効果的なので、当サイトでご紹介している無添加のマイナチュレを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛の特徴