抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

好転反応が原因の抜け毛

   

育毛剤や育毛シャンプーを使っているのにも関わらず、抜け毛の量が増えたという方は好転反応が原因だと考えられます。

一度症状が悪い状態になった後、良い方向へと向かっていくのが好転反応で、治療の過程で引き起こされる身体反応です。

好転反応は東洋医学で良く使われる用語で、漢方薬といった自然の生薬を使って体質改善を図るに当たり、体内に溜まっていた毒素が体外へと排出される過程で不快な症状が引き起こされます。

この原理と同じように育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントでも好転反応は引き起こされやすく、一時的に抜け毛が増えるので不安になる方が多いのです。

しかし、好転反応が原因の抜け毛は、育毛剤や育毛シャンプーの使用による効果で毛母細胞が活性化され、毛根を押し出すことで発生しております。

つまり、既存の弱い髪の毛が衰えて活動がおさまり、活性化した毛母細胞によって作られた新しい毛髪に押し出されて抜け毛が増えているだけなので、特に心配する必要はありません。

医薬品成分が含まれた育毛剤は髪の毛が弱って抜け毛や薄毛が引き起こされている人が使うものですし、変化を感じるのは当たり前なので好転反応が出るのは効いている証拠なのです。

一般的に、「症状が重い」「長期間に渡って医薬品を服用している」「作用の強い薬を使っている」という人ほど好転反応が生じやすいので、抜け毛対策をしている全ての人が引き起こすわけではありません。

仮に、好転反応が原因で抜け毛の数が増えても1ヶ月程度で症状はおさまるので、神経質になる必要はないのです。

当サイトでご紹介している育毛剤のマイナチュレでも引き起こされるかもしれませんが、好転反応が終われば体質が変わって症状も急速に良くなるはずなので、怖がらずに使い続けてみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

好転反応と副作用は違うの?

好転反応が原因で抜け毛が増えた方は、「副作用の一種なのではないか?」と不安を抱えるかもしれません。

しかし、風邪薬や頭痛薬を服用して眠気や胃痛が生じるように、患部以外の場所に悪影響が生じるのが副作用なので、好転反応とは大きく異なることがお分かり頂けるはずです。

とは言え、プロペシアやミノキシジルといった医薬品成分が含まれた育毛剤の使用で引き起こされることが多いので、自然派成分や植物成分が主体の抜け毛対策グッズであれば、副作用も好転反応もなく症状は改善していくのではないでしょうか。

もし、単純に抜け毛が多くなるだけではなく、頭皮のフケが増えたり赤みが生じたりという状態が引き起こされたら好転反応ではなく副作用だと考えられます。

使用している育毛剤が悪いのか育毛シャンプーが合っていないのか個人によって異なるものの、ヘアケアグッズの見直しをしてみてください。

 - 女性の抜け毛の原因